魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

シンプルに考える【書評】

      2015/12/10

シンプルに考える

LINE前社長の森川さんの書籍。

この本で言うシンプルとは「表面的な価値に惑わされるのではなく、何が本質か?を考え尽くす。そしてすべての力を集中させること」とのことです。

悩んでいると結局なにも決められず、行動に移すことができません。思い切って、悩むことをやめると物事の本質が見えてくるのかもしれません。

でも「シンプル」って、単純なようで意外と難しいです。今回は、私が特に個人的に共感した、3つの項目を紹介します。

会社は「学校」ではない

会社は仕事をする場所であって、教育機関ではありません。

だから、LINE株式会社では教育・研修などは行っていません。

入社面接で「どのような研修制度がありますか?」などと、質問をされると「この人は大丈夫かな?」と不安になったものです。

逆にやる気のある人は、自分に必要だと思えば、勝手に勉強をはじめますし、上司に聞いたり、本を読んだりします。

…未経験の入社であれば、教育は必要な場合もありますが、日々の業務において、質問が全くなかったり、ミーティングで意見がない、所謂「受け身」の人は、確かに大丈夫かな?ってなりますね。

「モチベーション」は上げない

会社や上司にモチベーションを上げて貰わないといけない人は、プロとして失格だと思うのです。

むしろ、このようなことが常識のように語られるのは、会社全体が幼稚化している証拠ではないのでしょうか。

自ら学ぼう、自ら行動しようという気持ちのない人が、責任ある仕事をできるはずがありません。

…ビジネスパーソンには、モチベーションという言葉自体、不要なものなのかもしれません。

 ビジネスに「情」はいらない

「甘えの構造」をつくらない。やるかやらないか。それだけです。

ところがこれができない。なぜか?

……「情」が邪魔をするからです。

その人を降格したら可哀想だ。あのプロジェクトを中止するのは、メンバーに酷だ。

それで変えるべきものは変えずに、ずるずると状況を悪化させてしまうのです。

結果を出せないリーダーは降格して、再起を期してもらう。

悔しさをバネにして頑張れば、必ず実力はつきます。

その時は再び起用すれば良いのです。

…これが本当に難しいです。

考えるについての参考本

 - おすすめ本