魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

【ABCの法則】90%以上の確率で好印象をあたえる原理原則

   

外見がいけてるお姉さん

営業は外見が重要だと言う話は、耳にタコが出来るくらい聞かされたことがあると思います。

メラビアンの法則が示す通り、その人の印象の50%以上が外見によって決まります。逆に言うと、外見を整えるだけで、ファーストインプレッションの50点以下を免れることが出来ちゃうわけです。

90%以上の確率で好印象をとる方法

メラビアンの法則

メラビアンの法則を見ると、「55%のボディランゲージ」と「38%の話し方」が大枠を占めています。

つまりですね、「ボディランゲージ」と「話し方」たった2つのことに気を付けるだけで、実に90%超えの好印象を獲得できるわけで、これは着目しないわけにはいかないです。

いまから教える『ABCの法則』を覚えれば、あたかも1流ビジネスマンのようにふるまうことが出来て、もちろんクライアントも勝手に1流だと錯覚してくれるので、頑張って自分のものにして下さい。

ABCの法則

ABCの法則というのは、「ボディランゲージ」と「話し方」を体系化した法則で、

A:Appearance(=プロフェッショナルなアピアランス)
B:Behavior(=洗練された立ち居振る舞い、表情、仕草)
C:Communication(=伝わる話し方)

の頭文字をとったものです。

服装を戦略的にする(Appearance)

Appearanceとは見た目、つまり服装と、好感度を左右する身だしなみを指します。

「身だしなみの3原則」は、

  1. 清潔
  2. 上品
  3. 控えめ

の3つです。髪型から靴までの清潔感は当然として、職種やシーンに合わせたふさわしい恰好をすることを心がけましょう。

  • スーツの色は、濃紺・チャコールグレー・ブラック・ネイビー。
  • ワイシャツは、絶対にホワイト。
  • ネクタイは、赤・青

以上のカラーを守り、ヨレヨレの服を着ない限りは、誰相手でもハズレがなくなります。

表情、仕草に語らせる(Behavior)

これは、ものすごく簡単なことで、『自信をもった振る舞い』をするだけです。

自分に自信が持てるようになると、まず姿勢が変わります。背筋は真っすぐに伸び、顔は前を向き、目に活力が宿ります。

そして、その自信をもつポイントは、自信がつくぐらい頑張る!のが一番です。

これほどトレーニングをしてきたから大丈夫!こんなに努力しているんだから大丈夫!!そういった自分自身のコミットメントラインを達成した小さな成功体験が、自信を生んでいきます。

それが難しい場合は「俺は自信満々」と言い聞かせ、背すじをピンをするだけでも充分効果があります。

言葉に感情を乗せる(Communication)

メラビアンの法則で伝えたように、第一印象は声の調子や、話し方にも大きく左右されます。

どんなに話し方に癖があっても、感情をのせる事で言葉に魂を宿し、印象を操作することが出来ます。

言葉に感情を乗せるポイントは『間』にあります。

ポイントを投げかけたらひと呼吸置いて相手の様子を計り、次の言葉を適切に選択するための『間』をとりましょう。強調すべきところは強く、ゆっくりと話す。強弱、抑揚、速さに注意を払いましょう。

言葉に感情が乗らない「無表情な話し方」では、相手の心には届きません。

印象コントロールまとめ

色々言いましたけど、まずは自分がそうでありたいという印象をもつ社内の人物を見つけ、真似していきましょう。

服装はもちろんですが、話し方も完コピしているうちうに独特の間合いを帯びてきます。学ぶこととは真似ることです。

おしゃべり上手になる参考記事

 - 営業 ,