魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

【相槌を極めよう】会話がとぎれない話し方

   

聞き上手な女性

「コミュニケーション上手は、聞き上手」

どういう人が『聞き上手』なのか、考えたことはありますか。

人によって聞き上手のイメージは異なるかもしれませんが、僕が尊敬するトップセールスは、聞き上手=相槌上手と言っていました。

相槌の5つのルール

聞き上手の定義は、『相手に会話を続けさせる』ことが上手いことを指すと考えています。

そして、相手に話をさせるもっともシンプルな方法が相槌です。相槌が上手になる5つのルールを紹介します。

1.相手のはじめの言葉を大事する

質問したくなっても、グッとこらえて、相手の初めの言葉を聞き、相槌を行いましょう。質問は相手が話し切ってから行います。

2.相槌の種類を知る

相槌の種類は豊富な方がよいので覚えましょう。「えー!」「へー!」「ほー!」「本当ですか!?」「そうなんですか!」「なるほど!」

3.質問する

質問された側は、『ふむふむ、こいつ俺の話に興味があるんだな、可愛いやつめ!』という気分になります。

意見の背景や疑問、なぜそんなに良い話が出来るかなど質問してみましょう。

4.時間軸を変え、過去や未来に話を拡げる

「●●したあとは、どんなことするんですか?」「ってことは、過去に◆◆みたいなことがあったんですか?」という相槌は、話にふり幅を持たせます。

5.自分の話をしない

誰もあなたの話に興味はありません。ご注意を!

 - 営業 , ,