魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

議論は何のためにあるのか

      2015/02/28

 

議論する男性と女性

議論とは、互いに自分の説を述べ合い、論じ合うこと。意見を戦わせることを言います。そもそも何のために、議論は必要なんでしょうか。

議論することの大切さ

議論を通じて、「現状での最善解」を導くことに、議論を行う価値がある。

会議などで、意見を出せない人は、「正解をいわなきゃ」という、変な思い込みをしている可能性が高い。

たくさん意見を出す人たちも、何も正解なんて思って発言をしていない。実際は、何が正しいのかなんて、ほとんどの人がわからないまま発言をしているのだ。その発言へのリアクションで、自分への最善解も知れ、さらに質の高い意見が言えるようになる。

従って、意見して議論するといった行為は、成長に欠かせないものであり、必要な行為になる。

「議論することに意味はない」のウソ

「議論することに意味なんてないよ」と、なぜか、意識高い系の人は、言うだろう。

ドラッガーレベルの人が言うならともかく、ひよっこレベルの僕たちは、議論しないと、スピーディーに、最善解にたどり着くことはできない。

議論によって意識的に違う視点、複数の視点を持ち込んで、ぶつけうことが、重要なのだ。

瀧本哲史著の武器としての決断思考 (星海社新書)でも、下記のように述べている。

・世の中に「正解」なんてものはない。
・正解がわからないから動かないのではなく、「いまの最善解」を導き出して、とにかく行動することが重要
・根拠を比較して得た結論を、とりあえずの「答え」にしよう
・前提が間違っていたら、修正してまた行動するばいい。それが更なる最善解に近づく「決断思考」だ。

議論から、逃げてはいけない。

 - 営業