魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

話し方が上手になる5つのコツ【結論/論理/呼吸/態度/簡単】

   

話し方

世の中には、普通に話しているだけでも、権威性や専門性が高い人かのように、ものごとを語れる人がいます。

なぜ、そのように見えるのでしょうか。

普通に話していないからです。話し方はテクニックです。最低限のテクニックさえ身につければ話し上手に見えます。

話し方が上手になる(見える)5つのテクニックをご紹介します。

話し方が上手になる5つのコツ

1.結論から話す

話法の基本中の基本、アンサーファーストです。結論や要件から話すことは、どんなシーンでも当たり前レベルになっていましょう。

こちら側の論点を絞ることで、聞き手の集中力を高める事も出来ます。

また、長い話や会議をする場合は、話の地図を作ってあげましょう。≪会話がどこから、どこへ流れていき、終着地点がどこになるのか≫を冒頭に盛り込みます。

例えば、質問をうけた際に「じゃあ僕に聞きたいのは●●だね。じゃあ課題⇒解決策⇒それで起こる事象や注意点について今から話します!それで問題ない?」と話を展開しましょう。

▶結論から話す人になるコツと方法論【アンサーファースト】

2.論理的に話す

話の内容が軽く思われないために大事なことは、曖昧な発言はしないことです。

例えば、「~だそうです」「~と言われています」などの話し方は、根拠が薄く、情報源が明らかではないため、信憑性が低いと判断されてしまいがちです。

論理的に話すことは、話し上手になるうえで必要不可欠な要素です。

そして論理的であるということは、簡単なことです。論理的の初歩は『結論から話す』『具体的に話す』の2つのみ。

適当に、数字や固有名詞を使えばOKです。数字については、「およそ」「約」などの、ぼかす表現をなるべく避けることで信憑性が高くなります。

論理的な話し方を身につけるコツ【ロジカルって何?】

3.リズムを合わせる

有名なのに活用されていないテクニックの一つとして、ミラーリングが挙げられます。

相手と話す呼吸を合わせて、喋るスピードを調整し、早く喋る相手には早く、ゆっくりしゃべる人にはゆっくと語りかけます。

呼吸を意識して話せるようなると、話し上手への成長角度がグンと上がっていきます。

4.背骨を動かない

腕を動かすボディーパフォーマンスや、プレゼン中の移動はいずれも効果があります。

そして何よりも効果的なのは堂々とした態度です。堂々と見せるポイントは、背すじをピシっとすること。堂々とした姿は、相手に信頼感を与え、話し上手に見せます。

5.シンプルであること

話し上手は、聞き手の脳に負担をかけません。

話が明瞭快活、つまり「簡単」なんです。聞き手のレイヤーに合わせて、話したいことをシンプルに絞りきりましょう。

話し方が上手になる参考記事

 - 営業