魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

頭がいい上司や同僚とやりあうために

      2015/02/28

メモメモ

頭が良いと、一度思い込んだ相手がいると、どうしても、卑屈な想いになったり、諦めの気持ちがでてきてしまいますよね。

彼らを活かして、彼ら以上になる術を覚えましょう。

勝とうと思わない

まず、一番大切なことが『同じ領域』で勝とうと考えないことだ。

天才たちは、自分の得意領域では、圧倒的な見識と、そして頭が良いゆえに、自分の長所の活かし方を心得ている。ゆえに、その領域をグングン伸ばしていく。

こんなことを言うべきではないが、勝とうと思うのでなく、近い領域にたどり着くことを、まず考えよう。

質問をする

彼らは天才だが、彼らよりも早く、彼らに追いつくことは、とても簡単だ。

なぜなら、ある領域に達した彼らは、その成長の術を経験しているため、どうして、そのような思考回路になったのかを、日々質問すれば良い。

独力で頑張った人よりも、独力で頑張った人に、教えを乞う方が、成長スピードが高くなる。

良いメンターだと思い、多くを質問し、吸収することで、ある程度の領域には、たどり着ける。

如何に得であるかを考える

そんな彼らがいることは、アナタにとって、間違いなく得な出来事だ。

考えても見てほしい。基本的には大馬鹿が多い、この社会で、アナタは、自分より頭が良い人に巡り合えたのだ。

部下は上司を選べない。上司が使えない人間であれば、せっかく辛い想いをして仕事をしても、成長スピードは、どうしても鈍化する。

お得であると認識できれば、活用しよう!という気になるだろう。

役に立つ存在になれ

もしかしたら、プライドが許さないかもしれないが、アナタは、彼らの役に立つ存在になるべきだ。

アナタに相談したい!そう思える人物になるのだ。

そのためには、ひたすら努力するしかない。

ひたむきに、誠実に学び続けるしかない。しかし、彼らも、学び続けているかもしれない。

本を読もう、人の話を聞こう、自分から情報を発信し続けよう。
天才の傍に身を置き、彼らの思考を盗もう。
役に立つ、あらゆることを考え、どうすれば役立つのか直接聞いてみよう。

 

 

そして、それこそが、彼らを超えていく唯一の方法だ。

圧倒的な努力を経ていくと、異なる視点が備わり、自分の長所が必ず身に付く。必ずだ。あとは、それを活かすだけ。

そうなると、気づく。彼らは、天才ではなく、そうやって『天才に見える』ようになったのだと。

 

「あなたより才能のある人はいるだろう。でも、あなた以上に努力する人がいたらそこに弁解の余地はない。私の信念はそこにある」

ニューヨーク・ヤンキース/デレク・ジーター

 - 営業