魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

プレゼンテーションテクニック

      2018/06/06

プレゼンスキル

プレゼンの効果的な進め方を紹介します。

プレゼンのコツ

【主題を決める】一番伝えたいことは何なのか

主張を一つに絞ろうりましょう。

今日はこれだけ伝えられればOKという結論を決めて、それを伝えるために時間を使いましょう。

疑問を投げる

オーディエンスに質問を投げかけながら話を進めると、オーディエンスに飽きられにくい雰囲気を作り出せます。

目線を効果的に使う

意識して強く伝えたい内容の場合は、誰か1人の顔をじっと見る。

質問を投げかけるときは、全員の顔を見渡す。これを使い分けることで、「この人、プレゼン慣れしてる!!」と勝手に勘違いされ、権威性をもって話すことが出来ます。

緩急と繰り返しを大切にする

基本的には、ゆっくりとしたスピードでプレゼンすべきですが、大切な場面になった際に、急に早口にすることも意外と効果があります。

オーディエンスが「んっ?!」と反応し、再び聞く態勢になってもらいやすくなります。

また、大切なメッセージは必ず繰り返すようにしよう。相手がもういいよ、と思うまで繰り返すことが重要です。歌詞のサビ部分も3~4度繰り返していて、それでも覚えてもらえない曲もあるくらいなので、僕らはもっと繰り返すべき!

沈黙を身に付ける

「オーディエンスがざわついている時」「次に話す内容が重要なセンテンスな時」などは、誰の声も聞こえなくなるまで黙ってみましょう。

あなたの話しを聞かなくてはマズイ、そんな雰囲気を創りだすことができる。

質問を想定しておく

想定できる質問への対応を予め考えておきましょう。

少なくとも、プレゼンする内容についてはすべてインターネットで調べておきましょう。

 - 営業 ,