魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

立食パーティーで守るべき5つのマナー

   

ハンバーガーを貪るLIGが生んだ巨匠朽木さん

会食は、基本的に個室でとることが多いが、稀に立食形式のパーティに誘われることもあるだろう。

立食パーティは、通常の会食や、上司との飲みでは学ぶことのできないマナーがある。5つの基本マナーを覚えておこう。

1.ファーストアクションは主催者への挨拶

特に一人で向かう場合は、心細さゆえに、隅っこにいてしまいがち。

主催者にご挨拶をすれば、誰かに紹介してもらえ、スムーズに場に溶け込める可能性も増える為、挨拶に伺おう。

会場に入り次第、知り合いを探したり、食事にとりかかる人は多いが、主催者への挨拶は先に済ますべき。

発起人である主催者は、立食を始める当日までも多くの手間(会場手配、台本、呼び込み等)をかけているため、挨拶をしないことは失礼に値する。

一言でも良いので、必ず感謝の言葉を伝えにいくこと。テンプレとしては、「本日はご多忙の中、このような会を開いて頂き、誠にありがとうございます。」

手土産を忘れずに

できれば、主催者にむけて手土産を持参しよう。

実際のところ、手土産を持参してくる人は多くないが、感謝をより上手に伝えるために、当然の行動と言える。

オススメは、ワインやケーキ、お菓子など。立食パーティという都合上、一緒にテーブルに並べて頂けた場合、周囲にご紹介もして頂ける可能性もある。
そうすれば、初めての人とも会話をしやすくなるため、消極的な人ほど、是非チャレンジしてほしい。

2.話しかける

通常のコミュニケーションの場であれば、やたらめったに話かけるのは失礼に値するが、立食パーティでは価値ある行為だ。

面識なしでの会話が当たり前の環境こそが立食パーティであり、唐突な呼びかけも好意的にとらえてもらえる。むしろ、立食パーティで話しかけないのは、大きなルール違反とも言える。

壁際や椅子(椅子に座って時を過ごすなんて愚の骨頂)でじっとしては、主催者に失礼であり、場の雰囲気を盛り下げる。

まずは、近くの人に「はじめまして!」と話しかけ、さりげなく会話を広げよう。

会話のネタ

初対面の人とどういった会話をすれば良いかわからない、そんな悩みは誰でも持っている。

  • 目の前にある食事「それとっても美味しいですよね」
  • 立食パーティへの参加理由「主催者とは、どのようなご関係ですか」
  • 会場への道のり「今日はどちらからいらっしゃったのですか」

他にも飲み会時の会話テクニックは多くあり、このへんは飲み会の会話テク!営業の【さしすせそ】を参考にしてほしい。

また、もし話しかけた人と仲良く慣れない場合は、話し続ける必要はない。相手にとっても苦痛な時間なはずであり、その空気を感じ取るのもマナーになる。

3.飲み食いしながら歩かない

会場を移動することが多くあるが、この際に飲み食いしながら歩かないこと。

もし誰かにぶつかって、衣服を汚してしまってはいけないし、何より品のない行動だ。

歩き出すときは、口を空っぽにして移動すること。

4.服装

服装は、特に指定されていなければ、ノーマルな恰好を心がけよう。

気を付けなければいけないのは、『奇抜な恰好、目立つ格好をしない』こと。

主賓格で呼ばれている方や、主催者より目立ってしまっては、色々と不都合が起こる為、場の空気を壊さないような恰好を心がけよう。

5.主催者からの挨拶時は飲み食い禁止

当然のマナーだが、意外に知らない人が多いため気を付けたい。

主催者や大物ゲストが、全体に対して話をしている際は、飲み食いしないこと。

きちんと人の話を聞く体制をこころがけよう。

また、一旦飲んでいたグラスをテーブルに置くことになるのだが、「あれっ、自分のグラスはどれだ」となることに気を付けてほしい。

グラスの下に自分なりに折り畳み、一緒に置いておけば間違える事はないので、覚えておこう。

 - 営業