魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

最強の部下になるための3つの約束

      2015/07/24

最強

当事者意識を強く持つ

要は『主体性』を持つって事。主体性を持てって恐らく何百回も言われているだろうけど、そういったって何したらいいかわかんないんだよ!と思うだろう。そんな時は、自分の役割を考えてみよう。役割というのは、上司から与えられるだけが全てじゃない。『自分って何ができるんだっけ?』『自分の強みってなんだっけ?』と考えて、自分で自分の役割を作って行けたら、勝手に主体性なんて生まれてくるんですよ。

なんでも『自分が』って思うことで、あなた自身を変えることができる。これはポジティブな意味でも、ネガティブな意味でも。ポジティブな面、例えば目標に関して、『自分が達成させる!』と思うことは、まだできるだろう。ただ、失敗やミスが生まれた際に、『自分のせいだ』と思うことって、本当に難しいと思う。

誰だって自分のせいにしたくない。だけど、そこで自分のせいだと思うことで、また一歩成長できる。身の回りにあるミスは、あなたを成長させる、成長剤だと思うと、自分のせいにできるかもね。

共有する

あなたの考えを共有しよう。あなたの上司はエスパーでは無い。自分の考えは発言しないと伝わらないんです。通常の業務の中ではこっ恥ずかしくて話せないのであれば、たまには上司を誘って飲みに行き、そこで話してみるのもいいでしょう。上司からしても、そのように部下から誘ってくれて、嫌がる人は居ないと思う。

どうしたら上司を超えられるか考える

『上司に追いつこう』と考えている人は居ても、上司を追い越そう、と思って仕事をしている人って少ないんじゃないかな。勿論全てにおいて超えることは難しいだろうから、まずは上司に、『これだけは負けない』という部分を作ろう。自分の短所を直すことも大事だけど、それよりも長所を伸ばすことの方が大切なんです。

そうこう考えていると、成長のビジョンが見えてくる。

人は軸がないと、まっすぐ進めない。迷った時にも、軸があれば、軸にそって動けるけど、軸がないと、どうしてもブレてしまう。

ビジョンに向かっての道筋が軸になる。つまり、軸はビジョンから生まれる。

 - 営業