魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

説得力のある話し方【誰でもできるたった3つの工夫】

   

説得力はナルシスト

説得力のある話し方は、テクニックで力を増すことが可能です。

誰にでもできる3つの工夫をご紹介します。

1.ストックピールを使う

「あなたは外では気丈にふるまっていても、本当は疲れやイライラが溜まっていますね…」

ストックスピールとは、誰にでも当てはまるような抽象的なことを、あたかも相手の個人的な事実を言い当てたかのように提示する、テクニックのことを指します。

「普段は明るくされていても、時々強い不安を覚えませんか?」誰にでも当てはまりそうな発言を行い、こちら側に強い興味を抱いてもらうことで、聞き手の体制づくりを促します。

2.接続詞を排除する

話はシンプルにすればするほど、記憶に残りやすくなります。その効果はストーリーとしてのシンプルさはもちろん、話す文章自体を短くすることでも効果を発揮します。

文字として、本やWEB上に書かれるテキストと、実際に声に出すテキストは、まったく異なるもの。目で読む文章は何度も読み返せますが、耳で聞く文章は一度しか聞けません。接続詞を多用して文章が長くなればなるほど、聞き手の頭には残らないという事態が起きるのです。であるならば、接続詞でつなぐ必要はなく、箇条書きのように、一つ一つ文章を短文に、シンプルにすべきですね。

3.伝えたいことを何度も言う

自分が伝えたい、相手に覚えてほしいことを、何度も何度も、相手にしつこいと思われる程度に話しましょう。

大事なことはいかに記憶に残すか。

聞き手からの信頼を得るという事は、自分の話した内容、伝えたい内容を相手の記憶に残すという事です。それが伝わらない状態では信頼も何もありません。

まずは相手の記憶に、大切なキーワードを刷り込むことを意識してください。

 - 営業 ,