魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

運が良くなる方法【ツキを掴む】

      2016/05/19

ツキの匂いを嗅ぐ

『運が悪い』『運が良い』、人は物事の結果から、自分の運について発言しますが、運はプロセスが生み出す結果なんです、知ってました?

成功者に成功の要因を尋ねると「運が良かったから」と言います。でもこれは、言葉そのまま受け取ってはいけないんですよ。彼らは結果として、運が良かったのではなく、運のコントロールを知っていて、ツキを逃さなかったから成功しているんです。

運を引き寄せる漢・桜井章一

運はコントロールできる!ということは、桜井章一さんが証明してくれています。桜井章一さんは、麻雀界最強の漢であり、20年間無敗、数々の漫画や小説のモデルになり、『雀鬼』の異名を持っているお方。

桜井さん自身が発言しているように、麻雀は8割方ツキで勝負が決まります。その勝負を20年間無敗で過ごしているのだから、運を引き寄せる方法論は、必ずあるってことになります。

強運になる5つの方法

1.積み重ねる

運が良くなると自信を持てる行動を、日々積み重ねることだ。小さい約束事や、期日を必ず守る。ゴミが落ちていたら拾う。こういった日常の些細な物事にしっかり対応していく。

それを繰り返すことで、ツキは溜まっていく。何より「こんなに誠実に生きている自分に、運が味方しないわけない。」という背景が、運を呼び込む。

2.捨てる

多くを捨てれば、行動が絞られ、運がこちらを見つけやすくなる。戦後は身の回りに何も物がなかったから、常に火事場の馬鹿力が発揮できていた。

3.変化する

ツキは周囲に漂っている。ぼーっとしているだけでは、それを呼び込むことはできない。常に行動し、流れがどうあるのかを肌で感じる事が大切だ。

そうすれば、フワっと、あなたの前にツキがやってくる。

4.捕まえる

運を呼び込む行為も大切だが、その運を逃さないよう、流れがよくなったと感じた瞬間、行動スピードを一気にあげよう。運を捕まえるためには、流れにのって、加速することが大切だ。

5.仲間になる

運のいい人を見つけよう。

「ツいていない」ということを、頻繁に口に出すひとのそばにいてはいけない。どうせだったら、いつもHAPPYな発言をする人物の近くにいよう。言葉にはチカラがある。言霊とも言われるように、前向きな発言をする人には、前向きな結果が訪れる。その人のまわりに漂うツキを、シェアしてもらおう。

運を引き寄せる人のポジティブスパイラル

運の良い人(と結果的に見える)

努力し、たくさん行動する⇒機会(運)がたくさん訪れる⇒普段から努力してるので、機会を掴みやすい⇒掴んだ機会に対して努力する⇒機会がたくさん訪れる⇒・・・

運の悪い人

そこそこ努力⇒すこし機会(運)が訪れる⇒努力不足で機会が掴めないor機会に気づかない

ツキを高める関連記事

 - ライフハック