魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

意思決定のスピードを上げる5つのポイント

      2015/03/05

意思決定

 

意思決定スピードは、人生を左右するほど、重要なスキルです。

そのスピードを高める方法や、ノウハウを紹介します。

意思決定のスピードを上げる5つのポイント

  1. とにかく情報のシャワーを浴びる
  2. 何が目的か、何の基準があるのか明確にする
  3. 情報収集能力を高める
  4. 場数を踏む
  5. 正解にする

1.とにかく情報のシャワーを浴びる

まず、客観的な情報をいくつも集めよう。質なんて考えてはいけない。とにかく無数の情報を集めること。コツは、

  • 数字
  • 立体的

の3つである。

量について

「量」は既に書いた通り、質を考えずに無作為に情報を拾い続けるということ。

数字について

「数字」も重要で、世の中のいろんな情報について、『分母と分子』をしっかり捉えたうえで、考えてほしい。メディアで踊らされる社会人は驚くほど多い。

『大学生の就職数の低下』『少子高齢化による教育業界の市場縮小』

こういった情報を鵜呑みにせず、まず自分で数字を使って、考えてみよう。数字で理解、推測することによって、客観的に、それが事実かどうか把握すること可能だ。

立体的について

「立体的」というのは、多角的に情報を捉えるということである。例えば、先ほどの『大学生の就職数の低下』でいうのであれば、「どんな人が就活をしていて」「どんな企業を受けている」はもちろん、それを悪評しているメディアの狙いは何なのか、それが世論にどのような影響を与えているのか、だからどうなるのか。

ひとつの情報から、多くの情報を獲得出来れば、情報量を積み重ねられ、真実や事実を見分ける癖がつく。

2.何が目的か、何の基準があるのか明確にする

物事のジャジメントをする際に、大切になるのは、まず圧倒的な情報量からの客観的な判断である。そして、その判断のポイントとなるのは何か、決めている必要がある。

一体何のために議論しているのか、何が基準となって、その話し合いが必要になったのか、話が白熱すると、いつのまにかそこから反れて、話が進んでいることも多く、目的を、常に忘れないように心がけてほしい。

3.情報収集能力を高める

単純に情報を集めることは誰にでもできるが、時間は限られている。

効率的に情報を収集できるような術やスキルを身につけよう。ブログやメルマガ登録、その他にも現代ではキュレーションアプリなどの便利なツールもある。『Gunosy』や『vingow』はオススメだ。

書籍はもちろん、オススメであり、自分の好きなカテゴリはどんどん読み込むべきである。そして何よりも、自分よりレベルの高い人間から話を聞くことが、最も効率的な情報収集だ。

また、「メンバーが意思決定しない」「発言をしない」と嘆いている暇があるのであれば、彼らに、必要な情報を、浴びせさせる努力をしているかどうか、自分に問いかけてほしい。

人間は基本、自堕落な生き物だ。自分から、前に前に情報を手に入れようと、頑張れるヒトは限られているのが現実だ。

4.場数を踏む

小さなものでも構わない。少しづつの判断の経験が、あなたの意思決定スピードを、いつか飛躍的に高める基礎工事になる。

極端な話、ランチのメニューを決める際、即判断できる人間は、判断スピードが高い。それは場数の差が如実に現れているのだ。

もし、意思決定の権限がない立場にいる場合でも、常に判断と、その理由を話せるようにしておこう。その思考した数そのものが、あなたの決定を早くする訓練になる。

5.正解にする

判断に間違っているもクソもない。その結果は、判断したその時には、正解か不正解か誰にもわからないものだ。

それを正解にするように、常日頃努力し、間違っていなかったと思えた経験こそがあなたを強くする。もし、「自分は間違った判断をすることが多いから、決められない」と思っているのであれば、それは単純に努力を怠っているからである。

果たして、孫正義がボーダフォンをM&Aした際に、その行動を正解と思った人が何人いたのであろうか。よく考えてみてほしい。彼は、判断したあと、黙って見守っていただけなのであろうか。

 - ライフハック