魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

すぐキレる上司にいきなり正論を言わない事

      2015/12/11

すぐキレる上司

上司が部下を選べないように、部下も上司を選べません。

怒りんぼの上司に就いてしまったら、超ピンチですよね。

「あの上司は、どこでキレるか予測不能。」どの職場でも、1人はこういう人いますよね。

なので、まず安心してください。そういう上司は、必ず何処にでもいます。

彼彼女らは、もちろん本人の線引きがあって、そのラインを超えるから、叱っているるんですが、世の中いろんな人がいて、怒りどころを集約できず、完璧な攻略方法は存在しません。

しかしながら、これだけは気をつけれるポイントがあります!

正論は正しく作用しないケースがある

上司の指示のもと、あなたは言われた以上の働きをしたとしましょう。

しかし、それが上手く機能せずに、途中で自己流の方法に変更したとします。上司は、当然その理由を求めてきます。

アナタが、理路整然とその理由を説明したとき、

間違いなく上司は憤怒します!

アナタは、正しいことをしているつもりですから、??状態になります。至極真っ当な話をしているつもりでも、上司の怒りは急上昇していきます…

一度抜いた刀は簡単に鞘に納められない

上司は上司たるプライドを持っているため、自分の意見を、簡単に曲げることはできません。

むしろ、自説を保つことが、支えになっていたりします。

正論によって、その刀をバッキリ折ってしまわれたので、、「これは生命のピンチ」と感じて、ものすごい剣幕で襲い掛かってくるようになるのです。

正論を正論にするために

上司に、その正論を導き出させましょう。率直に言えば、『上司に相談する』ことが大切です。

「●●さん、ご相談があります!●●さんに頂いた指示通り、動いたんですが、こんなケースがありました。ここは、●●さんであれば、どうやって軌道修正しますか?」

たった1回の相談をするだけで全然違いますし、経過を追うことに、相談の回数を増やしていけば、上司を意のままに操ることも可能です。

報連相は、社会を生き残るための大切な知恵です。

 - ライフハック