魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

yahooニュースに取り上げてもらう為に行う2つのこと

      2019/04/02

スマートニュース

ニュースアプリの利用率で全体の31.7%と圧倒的なシェアを獲得しているyahooニュース。PVで見ても月間60億は超えているとのデータが出ています。

yahooニュースに自社や、自社サービスを取り上げてもらう方法を紹介します( *´艸`)

※MMD研究所の調べによると20代~30代男女の約62%がニュースアプリを利用

yahooニュースはどの様につくられているのか

yahooニュースは、yahoo独自で取材をして記事を書くことは一切おこなっていません(2018年追記:ヤフー編集部という機能を追加し独自記事を作成開始)。

yahooが提携している168社サイトから記事を自動的に集め、それをyahooニュースとして掲載しています。

その中でも特に社会性が強いorおもしろい記事には、13文字のタイトルをつけyahooのトップページに掲載されることになります。これをyahooトピックスと呼び、1日約50記事程度が選ばれて掲載されています。トピックスを選ぶ担当者は約20~30人程で、1日3500~4000のニュース記事の中から選定されている。

yahooニュース掲載への2つの方法

yahooニュース提携会社にアプローチ

yahooトピックスに選ばれる為には、先ほどお伝えした168社の提携サイトに選ばれる必要があります。

yahooニュース提携サイト一覧

http://headlines.yahoo.co.jp/docs/copyright.html

yahooニュースに取り上げてもらうためにメディアを選び、そこへの連絡手段を見つけることが大切です。

手当たり次第に送るのも手かもしれませんが、自社のサービスに関連したニュースを掲載しているメディアを選び、そこに注力した方が効率は高まります。

WEBメディアの場合、リリース送付先を公開しているメディアが多いので、自社サービスとマッチするメディアをピックアップし、「メディア名 問い合わせ」「メディア名 リリース名」などで検索、ヒットするメディアに対して働きかけましょう。

 - ライフハック