魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

成長過程別!人材育成の注意点

      2019/03/26

人事で気をつけるポイント

人材育成の基本は、一人一人に合わせた育成計画にあります。

育成計画をたてるにあたって、相手が成長フェーズのどこにいるかを考えと、留意すべきポイントが事前にわかります。

新人時代

スケジュール管理

優先順位の付け方、わすれさせないやり方、期限へのコミットメントを伝授しましょう。

つもり症候群

やったつもり、言ったつもりは通用しないのが社会であることを教えましょう。

初動の速度

初動が遅い人材に優秀な人材はいない。なにより初動が早いと、多大な評価をうけれることをセットで伝えましょう。

報連相

適切なホウレンソウの仕方を落とし込みましょう。人によって、電話・メールなどの切り分けが違うため、しっかり把握させる必要があります。

中堅時代

変化を恐れる

「私はこういうポリシーなんです」「このままでいいと思います」と主張しはじめるので、変化しないことはネガティブであることを伝えましょう。

自分が人気者だと勘違いする

「ぼくにはいろいろな相談がくるんです。」「〇〇さんは僕には△△と言っています。」という風に何故か自分が人望を集めていると勘違いしてくるフェイズです。「君以外にもみんな相談してるんだよ」という事実を伝えてあげよう。

評価が不満

不満を言う人物に対しては、どうやれば評価が上がるのかを念押ししましょう。言い訳を一切排除して、評価を得れるための行動に注力してもらい、道筋をそれた行動をとった場合には免責にならないことを続ける必要があります。

いつでも人格重視の育成を心掛ける

できる管理職をつくるためには、「人格」重視の人事を遂行すべきです。

思いやりを持ち、周囲の幸せを自分の幸せに感じれるものこそ優れた管理者に成り得ます。

人格はなかなか教育できないが、スキルはあとからどうにでもできる。人格=ほっといても人がついてくる性質と定義し、そのような人物になれるように導こう。

 - マネジメント