魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

女性部下との接し方

      2017/10/09

女性部下

女性と男性、両者に接するうえで、マネジメントの違いは考慮すべきでしょうか。。。。確実に考慮すべきです。

男性と女性は、遺伝子レベルでハッキリと違いがあります。

男女の違い

まず、マネジメントを行う上で、広く一般的な男女の違いを列挙してみます。

あくまでも、統計的な話なので個人によって異なりますが、これを把握しておくのと把握しないのとでは、マネジメントの考え方に大きく違いが出ます。

男性は「ロジカル」  女性は「エモーショナル」
男性は「オフェンシブ」女性は「ディフェンシブ」
男性は「ゴール」   女性は「プロセス」
男性は「シンプル」  女性は「ファジー」
男性は「嫉妬」    女性は「マイペース」
男性は「ポイント」  女性は「ディティール」
男性は「効率」    女性は「暖かさ」

とくに、男性は「ロジカル」女性は「エモーショナル」であることは、覚えておいた方が良い項目です。

直感的にスゴイな、楽しいなという感じ方をするのが女性であり、彼女たちを活性化させるためには、彼女たちに向けた伝え方を考えるべきです。

感情を盛り上げるためには日常会話

大事なポイントになるのは、女性の流行や話題を最低限で良いので把握しておくことです。

そんなところまで構っていられない!と思う上司もいるかもしれませんが、女性を成長させるうえで、仕事以外の会話は欠かせない要素になります。

そもそも、それを学んでいるだけでも「自分に理解を示している」と感じてもらえるかもしれないので覚えない手はないはずです。

女性の叱り方3か条

女性と男性では物事に対する見方、考え方、感じ方が異なります。この違いに、上司として戸惑うこともあるかもしれません。

昨今、女性の社会進出は積極的に支援され、女性がもっともっと活躍するシーンが増えてきます。

彼女たちを一流にできるような超一流ビジネスマンになるために、色々学んでおきましょう。

1.いきなり怒鳴ったり、大声を出さないこと

あまり厳しくされたことが無い方であれば、大声をだされただけで、頭が真っ白になり、話が前に進まなくなるケースがあります。

一度大きなショックを受けると、ミスを隠すような習慣が育ってしまうかもしれない。

まずは小さい声で事実を確認してみましょう。

2.仕事でミスしても仕事以外で褒めること

叱った後は、何があっても最後をポジティブな言葉で終わらすことが重要です。

女性は感情的である傾向が強く、ネガティブな対話で終われば、しばらくネガティブな思考に陥ってしまいます。逆にポジティブな対話で終えれば、そのままの気持ちで次に進むことができます。

たとえ仕事でミスがあっても、普段のあいさつや事務作業など褒めポイントを、常日頃からチェックしておき、その言葉で終えることにしよう。

3.共感の力を用いること

彼女たちが、なぜ失敗してしまったかをキチンと伺い、ある程度の理解を示すことが重要です。(男性でも共通ですが)自分が共感できる人物には、心を開きやすくなります。

感受性が強い相手であれば、尚更その影響は受けやすいため、意識して共感できるポイントを探ることは重要な教育ポイントになります。

 - マネジメント ,