魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

論語をビジネス解釈する

      2015/02/28

孔子

中国古典の「論語」、読んだことはありますか。

論語は、数多くのビジネスマンから評価を受けています。組織としても、個人としても学びの多い一冊なんです。

紀元前5世紀の中国で生きた思想家である孔子と、その弟子とのやりとりを収めた書物なんですけど、2400年以上経っても売れ続ける理由は、その本質性にあるんでしょうね。

孔子の考える理想のリーダー

多くの学ぶべきエッセンスがあるが、今回は、1文だけ、紹介しよう。

君子は貞(てい)にして諒(りょう)ならず

直訳すると、【立派な人は正しい道理は守る。ただし、約束にはこだわらない。】

これを現代のビジネス訳にすると、【やむを得ない理由で、部下との約束を破っても、部下から「あの人が言うことには従おう。ついていこう!」と思われる人物が優秀】になる。

そう思われる人物が、立派なリーダーであり、そのためには、「徳」つまり「人間としての行動ルール」を、普段から勤め上げ、その姿勢を貫くことで、信頼を積み重ねることが重要。

という訳になる。

 

 

まあ、良い人格が、リーダーの条件だよってこと。

 - マネジメント