魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

部下のウソを簡単に見破る方法

   

嘘

数字が直接評価につながる営業会社に勤めていれば、入社1年目で役職につくことは珍しいことではありません。

初めて部下をマネジメントする際、様々な壁に直面するでしょう。例えば部下に嘘をつかれる。ごまかしをいれてくるなど…

そもそも何故人間は嘘をつくのか。そしてどうすれば嘘を見破れば良いのでしょうか。

人間がつく12のウソ

心理学では人間は12種類のウソをつくと言われています。嘘のパターンを知っておくと、見破るのも簡単になります。

  • 1.予防線:約束を何らかの理由をつけて断るなど、予測されるトラブルなどを未然に防ぐウソ
  • 2.合理化:失敗してしまったことを責められたときに持ち出す言い訳
  • 3.その場逃れ:ありもしないことをその場しのぎで言ってしまうウソ
  • 4.利害:金銭が絡む場で自分が得をする受け答えをするウソ
  • 5.甘え:自分を理解してもらいたくてつくウソ
  • 6.罪隠し:犯してしまった過ちを隠すウソ
  • 7.能力・経歴:相手との関係で自分が優位に立つためにつく自己紹介のウソ
  • 8.見栄:自分を良く見せたいという虚栄心からつくウソ
  • 9.思いやり:相手を傷つかせないためにつくウソ
  • 10.引っかけ:笑ってすまされるようなからかいや冗談のウソ
  • 11.勘違い:自分の知識不足や勘違いで結果的にウソになること
  • 12.約束破り:意図的ではないが約束を果たせず結果的にウソになること

ウソを見破る方法

実績のない部下はすべて疑う。これに尽きます。

「これは嘘なのかどうか」。そう悩んでしまうのは時間の無駄です。

全て嘘だと思い、嘘だった場合の損害はどうなのかを考える事です。大概の場合は嘘だとわかっていても知らないふりをし、見過ごすことが大切です。部下もその方が気持ちよく仕事できる場面も多いです。

マネジメントに関する参考記事

 - マネジメント