魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

マネージャーに必要な4つのスキル

      2015/04/20

 

良いおしり

マネージャーに必要と思われるスキルに際限はないが、教育する側の人材には、是非とも習得してほしいスキルが4つある。

マネージャーが習得すべき4つのスキル

  1. アセスメントスキル
  2. コーチングスキル
  3. アカウンタビリティスキル
  4. セールス・ネゴシエーションスキル

以上、4つだ。一つ一つ単語の意味を説明する。

アセスメントスキル

メンバー個々の「ポテンシャル(能力)」「行動傾向」「育成のポイント」を的確に把握するスキル。このスキルが不足していると育成は、非効率になる。

アセスメントスキルについて詳細

コーチングスキル

各自の問題・問題の背景・原因を考慮しながら、現状の客観的事実をつかみ、指導していくスキル。コーチングとは、「対話」を意味していて、指示出しを行う「コンサルティングアドバイス」とは、大きく異なる。

コーチングスキルについて詳細

Will/Skillマトリックス分け!メンバーの育成方法

アカウンタビリティスキル

相手にわかりやすく、且つ具体的に伝えていくスキル。自分自身が理解しているまたは、自分自身が伝えているという「思いこみ」ではなく、「相手」が理解できるレベルで伝えるスキル。アカウンタビリティとは、「説明責任、義務」のこと。

アカウンタビリティスキルについて詳細

セールス・ネゴシエーションスキル

要するに、営業力のこと。役職者基本スキルであり、これがあまりにも低いと、言うことを聞かないひとが多い。また部下を持ったのであれば、部下の昇格を人事側と相談することもあるだろうが、その際にも、交渉できるスキルは必要不可欠だ。

スキルを全て完璧にする必要はない。大事なのは、自分の強みを活かせるスキルを磨くことであり、苦手な分野は、誰かに任せることもできる!

 - マネジメント ,