魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

悩みや疲れが溜まっているヒトの話の聞き方

   

ヒトの話を聞く

上司や先輩になると、部下や仲間の悩みを聞くケースは多くなっていきます。

その際に気をつけるべきポイントを5つ挙げていきます。

悩んでいるヒトから話を聞く5つのポイント

1.ちゃんと話し終えるまで待つ

答えを急いではいけません。しっかりと間をとって、話し終えるのを待ちまちょう。決して遮ってはいけません。

悩みがすぐに言葉にでてくるとは限りません。原因が分からないから、悩んでいるということが多いのです。

2.食い気味で返事しない

相手の答えを想定して「そうだよね」と回答してしまうのは、ありがちでダメな会話の一つです。

相手が話している最中に遮ること、もしくは次の質問があなたの頭のなかに浮かんでいて、相手が話し終えるまえに次の質問をするパターンもいけません。

頭の回転が早い人ほど、このケースに陥ることが多いです。相手側からすると、相談相手のペースに載せられているような思いになり、正直なことを離せなくなります。

3.自分の苦労話をしない

ベテラン選手にありがちになってしまうのが、苦労話や武勇伝を長々と語りだしてしまうことです。

相手は、あなたの話には興味がありません。そんな話をしても、時代も状況も何かも違うので、参考になりません。

どうしても話をしたければ、自分でも相手でもない第三者の例を引き合いに出し、「あいつもこんなことあってな~、こうしてたな~。」という程度に抑えましょう。

4.目的をキチンと伝える

あなたは真剣に話を聞きたいと思っているはずです。

しかしながら話し手は、二人きりの状況になったり、密室で話すとなるとどうしても身構えてしまいます。

そんなとき、どうすれば良いか。「悩んでいると思ってるから、話を聞きたいと思う。話を聞かせてくれ、解決したい」と、そのまま伝えることが重要です。

5.落としどころをつくらない

一番大切なポイントは、あなたが本当に「悩みを聴いてあげる姿勢」があるかどうか、その誠意です。

悩みを聞くのは、たいてい自分より職位や年齢、スキルが低いヒトです。そうなると「こうして乗り越えるべきだ」と落とし所を自分の中で考えてしまい、尋問のように質問を繰り返すことになります。

『こう悩んでいるはずだから、こう解決してやろう』『あんなことで悩んでいるなんて。落とし所を●●にして話を聞こう』といった勝手な意向は逆効果になります。

まず「聴く」が大切で、そのあと一緒に解決に向かうべきです。

目的を伝え一緒に解決すること

相手にきちんと目的を伝え、その上でしっかりと話を聴くこと。それだけにフォーカスしましょう。

結局のところ、悩みは自分で解決するしか解決方法はありません。そっと背中をおしてあげれるよう、誠意ある聴く姿勢を保ちましょう。

 - マネジメント ,