魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

教え方が上手な人の7つの法則

      2017/10/13

教え方が上手な人

教え方が上手い人、下手な人、その違いを考えたことはありますか。

指導上手な人には共通した7つの法則があります。

教え方が上手い人の7つの法則

  1. 事実確認(真実の確認はもちろん、相手の理解度や経験をチェック)
  2. 範囲提唱(これから伝える事の数や内容、ゴールを伝える)
  3. 順序構成(相手にわかりやすい順序を考える)
  4. 例題置換(相手の知っていることに置き換えイメージを喚起させる)
  5. 分量調整(相手が把握できる量で伝える)
  6. 語彙調整(相手が把握できる言葉で伝える)
  7. 前後確認(相手がついてこれているかを確認する)

事実確認

まず一番初めに行うべきは、事実の確認です。そもそも議題に上がっていることが事実なのか否か、まずは本質的なことを見極めましょう。

そして、議題が聞き手にとって本当に必要なことであれば、それに対する相手の理解度を把握し、伝える内容を決めていきます。

教え下手なひとは、相手の理解度を踏まえずに話し始めます。

範囲提唱

これからどのようなことを伝えるのかを、会話の冒頭に伝えましょう。

例えば「〇〇」については3点説明します、というように、これから何個かにわけて説明する旨を先に伝えると、聞き手は記憶しやすい形で話が聞けます。

また、話すことのゴールをはじめに伝えることも範囲提唱に含まれます。

順序構成

相手が把握しやすいように伝える内容の順序や構成を工夫しましょう。

出来ない人は、自分が伝えたい順番で話し始めてしまいます。

例題置換

どんな時もスポーツや合コンなどを例に話を進めてしまうひとは、愚かなひとです。

相手が興味をもっているものや経験したものに例えて、イメージや概念を脳内補完できるように会話を行いましょう。

分量調整

相手が処理できる情報量だけ伝えられるように、伝える分量を調整しましょう。

相手の経験値や頭の回転スピードによって、処理できる情報量には雲泥の差があります。

出来ない人を相手にする場合は、大量の情報を与える事は得策ではありません。

語彙調整

相手がわかる言葉を選びましょう。

出来ない上司は、自分はわかるものの相手にわからない単語を連打してしまいます。

前後確認

相手の表情やうなづき具合を確認して、会話を進められる人は出来る人です。

相手の状況を鑑みず、自分が話したいことに意識が集中していると、伝えたいことは伝わりません。

話をしながらも相手の呼吸をうかない、文章の前後で教えている内容についてこれているかどうかをチェックしましょう。

教え上手な人の必読記事

 - マネジメント