魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

【まとまりのあるチーム】最強チームが意識する5つのステップ

   

最強

チームを率いるリーダーとして、どうすれば「まとまり」があるチームをつくることできるのか、悩まれているリーダーは多いのではないのしょうか。

まとまりのある最強チームを結成するのには、5つのステップが必要です

1.チームワークの必要性を説く

組織で仕事をするということの最も生産的な意味合いは、「一人では無理なことを実現する」ことです。

チームだから出来る事、組織だから実現できることや、やらなければいけないことを常に説明しましょう。生意気な超トップ営業マンがいたとしても、チームで動くからにはチームの指針に従うべき理由をキチンと伝えることです。

また、リーダーが人材を集める権限をもっているのであれば、リーダーが想いを共有できる人物を優先的に仲間にしましょう。想いの共有はスキルよりも重要で、なにより成果を生みます。

2.目標を設定する

チームで行動するためには、必ず目標を設定する必要があります。目標は測定可能であり、全体の目標設定&メンバー一人ひとりに合わせた目標設定が必要です。

目標を設定すること、そして全員が全体目標と個人目標を言えるようにするだけで、チームは前に前に自走できるようになっていきます。

3.数値行動の計画を立てる

どのようなチームであっても、具体的な行動計画がなければ、目標を明確にしてもチームが機能しません。具体的に5つのポイントで数値を設定します。

「いつまでに」「どこで」「誰が」「なにを」「どうやるのか」をメンバーに指示することで、目標までの途中経過をチーム全体で把握することができます。

4.評価基準を決める

チームの方向性をブレなくするためには、評価基準を明確にすることが重要です。

リーダーの気分や好き嫌いではなく、目標に向かってどれくらいチームに貢献してきたのかを評価することで、メンバーのモチベーションダウンを避けることができます。

5.学習する組織にする

チームとしてまとまりが見えてきのであれば、学習する環境をつくります。言われてから嫌々学習するのではなく、一人ひとりが自律して学習し、さらにメンバー全員の生産性を高める組織をつくりましょう。

学びを尊重し、さらにチームへの周知を仕組化し、それを敬う文化をつくりあげることで、まとまりのある強いチームが出来ます。個人に潜んでいる暗黙知を、メンバー全員に伝えられる形式知に変換はリーダーの役割です。

▶ナレッジマネジメント【暗黙知を形式知化させる3つの方法】

まとめ

  1. チームワークの必要性を説く
  2. 目標を設定する
  3. 数値行動の計画を立てる
  4. 評価基準を決める
  5. 学習する組織にする

以上5つの要素を徹底することで、強い組織づくりができます。そして最後にもうひとつだけ、チームの運営に欠けてはいけない要素があります。それは「ビジョンの共有」です。

ビジョンの定義は会社によってそれぞれですが、自分達のチームが頑張ることで、会社の進むべき方向とどうリンクしていくのか、それを伝えれるリーダーでなければ本当の意味で強い組織にはなれません。

ビジョンの共有できてますか?

目標達成するための参考記事

 - マネジメント