魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

セリフメソッドで目標設定

   

声をかける上司と肩をたたかれた部下

目標設定する際に、バックオフィスである管理部門やデザイナー領域は、営業職と違い、目標を数値化することが非常に難しい職種です。

目標設定の基本は、S.M.A.R.Tモデルによる目標設定法にあるように、Measurable(測定可能である)なことが重要です。

そんなこんなで今回は数値化しにくいメンバーの評価を「セリフメソッド」という目標設定術で定める方法をご紹介。営業やマーケターなどの数値化しやすい職位以外には、「セリフメソッド」によって目標設定がしやすくなります。

セリフメソッドノウハウ

評価したい部下に対して、『上司や顧客、メンバー』に『発言してほしいポジティブなセリフ』を設定する方法をセリフメソッドと呼びます。

自分以外のメンバーに、自分に対しての褒めセリフを吐いてもらうことが成果ポイントになります。

決められた期間内に、決められた発言をしてもらえれば評価に値します。

  • ポジティブなセリフが目標なため、ポジティブに挑戦可能
  • セリフが出る出ない、なので、YES・NOのジャッジが簡単で出れば目標達成。これでイエス・ノーがはっきりできるので、結果的にゼロイチで定量化することが可能
  • 上司にそのセリフを吐かすため、積極的に絡まないといけなくなりコミュニケーションを促進

サイバーエージェント曽山さん曰く、

私の褒めセリフや私の上司(社長や役員)の
褒めセリフを狙ってもらうことで、そのセリフが
得られれば当然良い仕事をしたということになりますし
できなければ何が不足しているのかもよく考える。

この関係性のほうが健全で、上司も部下も対話が増えます。

こういうセリフを目標にすることでの副次的効果は、役員や上司の褒めゼリフを目標にすることで、視点が勝手に上がることにあります。

役員や上司など第三者目線を目標にすることよって、自然と「どのようにすれば役員や上司は、どのような目線でこちらを見ているのだろうか」と考えるようになります。

あざといかもしれませんが、上司の視点を考えるというきっかけになり、それ即ち成長を速めることになります。

定量化のジレンマを乗り越えろ

成果の測定が不可能であれば、目標を設定したことになりません。しかし定量化できず、成果が見えにくいことも仕事には多くあります。

ここで足踏みしていては適切な目標設定が出来ず、強い組織がつくれません。試行錯誤し、必ず目標を定量化していきましょう。

 - マネジメント ,