魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

上手な仕事の任せ方

      2016/05/10

仕事は協力プレイ

「仕事をもっと振らなきゃダメだよ」そうアドバイスされても、人に仕事をふることは難しい。

如何にうまく仕事を振り分けることができるか、マネージャにとって非常に重要なスキルになる。

任せ上手になるために

長所を発掘し長所の活かし方を常に考える

部下の長所は、上司が発見発掘し、活かし方まで考えるべきだ。

「長所なんて、自分で発見させればいい」そう思う人もいるかもしれないが、仕事ができるはずのアナタが発見してやった方が、長所の発見が早まり、生産性も高くなる。

仮に2~3年一緒にいて、長所を発見できない(「アイツ長所ないな~」と言う)ようであれば、それは、全てマネジメントをしているアナタの責任である。

必ず長所は発掘できる。

選ぶ

ベンチャー企業にありがちな病気の一つが、まだ実力がついていない人間に有りえない仕事を任せ、『裁量権のある組織』と勘違いしてしまうものだ。

仕事を振るのは、あくまでも生産性を向上させるためでる。

中長期的に見て、組織の成果を最大化させることのできる人物をそれぞれ選び、仕事を振っていこう。

アドバイスする

当て込む仕事は、すくなくともアナタができる仕事であるはずだ。完全な放り投げでなく、物事を適正に進ますためのアドバイスは必ずしよう。

完全な放り投げも相手を選べば、問題ないと考えている。

その代り、もし大きなミスがおきれば、それは間違いなく仕事を任せた人間であり、つまりアナタがケツをふく覚悟がある場合のみ、許される。

経過を見守る

どんなケースにおいても、必ず経過を見守ること。

任せた仕事ができていなかったり、進むべき方向がぶれ、ぶれたまま進捗してしまうことも残念ながらよくある。

かならずプロセス管理ができる体制をとろう。

仕事の結果を必ず見てフィードバック

マネジメントが出来るかどうか、それを見極める判断材料の一つが、「フィードバックを行えているかどうか」だ。

任せた仕事が、どのような結果になろうとも、必ずフィードバックを行おう。

それができなければ、あなたに仕事を任せる資格はない。

何故仕事を任せる必要があるか

チームが機能しなくなる要因のひとつに、《仕事の属人化》が挙げられる。

「この仕事は、あの人しかできない」このように特定のある人に、強く依存してしまうことを、属人化と言う。

多くの人が、多くのことをできるようになれば、それはハッピーなことでしかない。

多くの人が知れば、その中でも、長所を活かせる人に仕事を任せれるうえに、お互いを高めあっていくことが出来る。

仕事を振ることを恐れてはいけない。

 

言うべくもなく、そもそもの信頼関係が構築されているかが大事。

そのためにも、成果にコミットし、部下に成果をださせ、信頼される人間になるのが最も大事だ。

 - マネジメント ,