魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

良い上司と悪い上司の5つの差

   

良い上司はだいたいイケメン

元気な上司や暗い上司、怒る上司や穏やかな上司。

組織には多くの人格をもった上司がいますが、市場に重宝される上司には共通点があります。

人間の器がわかる5つの差

1.良い上司は自分以外の評価をあげる。悪い上司は自分の評価を気にする

良い上司とは、組織や部下、尊敬している人物や他部署の評価を上げる行動をとります。

悪い上司は、自分の評価ばかり気にしていて、評価が足りないと騒ぎ出します。

2.良い上司は会社の魅力を話す。悪い上司は会社の課題ばかり話す

良い上司は、会社の良いところや、自分よりも役職が高いひとの長所を語ることが出来ます。

悪い上司は、行動もせず批評家のように悪い点ばかりを伝えます。

3.良い上司は未来にコミットする。悪い上司は過去にすがる

良い上司は未来に向けて活動することが出来て、新しい動きも吸収していくことが出来ます。

悪い上司は「昔はこんな感じではなかった」と、自分が輝いていた時代にすがります。

4.良い上司は部下の有能さを語る。悪い上司は部下の愚痴を語る

良い上司は、部下の自慢話が出来ます。

悪い上司は、部下を言い訳に使います。

5.良い上司は賞賛する。悪い上司は嫉妬する

良い上司は、自分の部下の出世や同期の出世に喜び、悔しくても賞賛することが出来ます。

悪い上司は、他人の成功が許せず自分が評価されなかったと勘違いし、誰かの悪評を広めるのに腐心します。

良い上司になるための関連記事

 - マネジメント