魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

【組織急拡大の悲鳴】大きくなるベンチャー企業にありがちなこと

      2019/03/25

kenka

組織が拡大するというのは良いことばかりではなく、悪い問題も併行して発生していきます。

拡大時にかならず訪れる『教育追いつかない問題』と『拡大ネガティブスパイラル』について予め知っておくことで、身構え心構えをとれるようにしておきましょう。

ヒトの教育方針を考えなおすべし

人が入社するということは、教育対象人数が増加することに繋がります。ベンチャー企業は、しっかりとした教育環境が整っているはずもなく、初めて教育担当になるヒトも必ず出現します。

教育するなかで、どうも過去の人材の成長ペースと、新しい人材の成長ペースが異なり戸惑ってしまう状況に陥ります。

美しい教育の流れをマトリックスにすると、下記のようになります。

新人さんこんにちわ

この流れで教育することができれば完璧。しかしながら教育ってそんなに簡単ではありません。

人数が少ない時代は全員優秀でありビジョンもモラルも統一しやすいので美しい軌道が描けますが、人数が増えれば性質もバラバラになり、モラルやビジョンも不鮮明になっていくため新人が育ちにくくなっていきます。

思い切って、下記のような教育方針をとってみましょう。

新人さんこんばんわ

マネジメントの基本は「一人ひとりに適切な教育」を行うことにあります。メンバーの属性に合わせて、育て方を考え直してみましょう。

能力を飛躍的に上げたがっているメンバーには、仕事を教えこむ。能力が伸び悩むメンバーには姿勢やビジョンについて叩き込む。

まずは出来ることを増やしていくことで、誰かと比べるのではなく、一人ひとりに成長している実感を与えることが大切です。

組織急拡大で陥りがちなネガティブスパイラル

短期間で拡大した組織では、既存メンバーは下記の位置にいることが多くなります。

新人さんおはようございますここに新人を投入することになります。その結果、何が組織に起きるかと言うと…

・なぜ新人をいれたんだろう?
・この人を育てるより自分の業務に集中したほうが業績にはプラスだ
・リーダーや経営者の考えはわからん

といった「会社がおかしな方向にいっている気がする」関連のネガティブな意見が広まり出します。残念ながら変化に対して人間は臆病にできているので、何か変化があった場合には文句と不満が蔓延するしていきます。

拡大前にネガティブスパイラルを説明する

ネガティブスパイラルを防ぐ唯一の方法は、拡大方針とその背景を説明し、起こりうる理想的な未来と残念なネガティブな未来を話しておくことです。

組織拡大を決めたリーダーは、会社と組織にプラスになる選択をしていることは間違いありません。一生懸命働いてくれるメンバーを幸せにしようとしています(もし自分のエゴで方針決めるのであれば組織拡大なんてナンセンス)。

『文句をいうだけの人間が、いかにつまらない人間なのか』を先んじて説明しておくことで、腕に自信のあるメンバーには真意を理解してもらいやすくなり、ネガティブスパイラルを事前に防ぐことに繋がります。

 - マネジメント