魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

リスティング広告代行業者の比較ポイント

      2015/03/04

リスティング代行業者リスティング広告は、運用の方法により、結果が大きく変わってきます。

また、運用方法も複雑であるため、リスティング広告の代行業者に運用を任せることが多いです。

また、代行業者は、国内のみでも数百社あるため、選ぶにしてもどこに任せればよいかわかりませんよね。

ということで、今回は、リスティング広告の代行業者を選ぶ際のポイントについて、ご紹介して行きたいと思います。

最低広告予算はいくらか?

リスティング広告は、少ない金額からでも出稿できますが、業者によっては、最低利用金額が設けられていることがあります。

これは、業者が運用にかかるコストに対して、リターンが見合わないためです。大手では、月額100万以上の予算でなければ、受付ないところもあるようです。

最低契約期間はどのくらい?

仮に、成果が悪かった時でも、契約により、業者を変えたくても、最低契約期間が長いとすぐに変えることができません。

最低契約期間が3ヶ月より長い期間になっている場合は、気をつけた方が良いでしょう。

どこまで対応してもらえるか?

リスティング広告には、色々な機能や手法があり、最適化に向けた手法は数多くあります。

そのため、対応してくれる範囲が広ければ、成果が上がりやすくなります。

なので、どこまで対応してくれるか確認しておきましょう。

確認したい内容としては、地域指定配信、コンバージョンの計測、リマーケティング広告の実施、ディスプレイ広告の実施、除外キーワードの登録、ランディングページの改善などが挙げられます。

自社の業種での実績があるか?

自社の広告を出す業種、業界での運用の実績があるかどうかも注目したいところです。

なぜなら、リスティング広告は業種・業界によって、成果出すポイントが異なってきます。

どの業界が得意で、どんな実績があるのかなども、代行業者を選ぶ上では、大切になってきます。

以上で、リスティング広告の代行業者を比較する上でのポイントになりますが、実際に代行業者数社と実際に会ってみて、きちんと把握した上で判断しましょう。

 - WEB系