魔法剣乱れ打ち【マネジメントと営業ノウハウ】

マネージャーや営業マンのスキルアップ

*

ライターに良質な記事を作成してもらうには!?

      2016/05/18

ライター

コンテンツの記事作成を外注することは昨今当たり前になってきました。

ライターにより良い文章を書いてもらうためには、どうしたら良いのでしょうか。

良い文章とは?!

良い文章の定義は、人それぞれあります。外注先としっかり『良い文章の定義』を取り決めることが大切です。

普遍性を求めるのであれば、「読者に伝わる」ことに注意を払いましょう。

重要なのは事前の共有

事前に準備をしっかり行うことで、その後の仕事が円滑に進みます。情報の共有は疎かにしないように心がけましょう。

  • ・ターゲット
  • ・伝えたいこと
  • ・記事内容の着地点
  • ・差別化したいこと

コンテンツに合わせて、必要な情報の共有を図るべしです。

文章表現よりも文章構成

Webコンテンツやブログの記事などで注視すべきことは、ユーザーに意図したことをを伝えられるか、ユーザーにどのように行動してほしいのかという部分です。

多くのコンテンツは、ユーザーが求める不安や需要を満足させるためのものですが、「何が書かれているか」、「論理的に筋が通っているか」という文章構成を重視しましょう。

気持よく仕事してもらう

どんな良記事を書くライターでも、感情により質が低下していくことがあります。

逆に、気持ちよく仕事に取り組んでもらうことで、思った以上の働きをしてくれる可能性もあります。

ディレクターは、ライターに気持ちよく仕事をしてもらうために、多くの行動をすべきです。

「はじめに1,2記事書いてもらい書く記事の内容の共有を図る」「記事の内容が違う場合、具体的に修正内容を話す」「細かい内容についてはライターを尊重する」「原稿が納品されたら、すぐに確認し、原稿の修正点を共有する」あたりは当たり前に行うべき行動です。

ライターを育てる意識

そもそも自社が求めるライターにである確率はごくごくわずかなものです。

書き手として一流であれば、すでに大きな会社と個別契約を交わし、小さなベンチャー企業とは仕事をしないはずです。

少しでも素養のある人材を発掘し、育てるつもりで記事を書いてもらう方が、生産的に仕事が進んでいきます。

 

 

 - WEB系