アコムの審査基準は?審査に通過するコツや落ちた場合の対処法を紹介

アコムの審査基準は?

アコムで申込をする際に、審査の内容が気になりますよね?

しかし、アコムでは審査基準について非公開のため、どのような人が必ず審査に通過する!ということは断言できません。

本記事では、アコムの審査で重視される内容をもとに、審査に通過するコツを紹介しています。

併せて、申込~審査~借入の手順を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

アコムの審査基準

アコムの審査基準が気になる方もいると思いますが、残念ながら非公開になっているため具体的な内容は分かりません。

しかし、審査を行う理由は明確に分かっています。理由は、「安定した返済が行えるかどうか」を判断するためです。

具体的には、以下の情報をもとに点数化し、総合的に融資するかを判断しています。

審査に必要な情報

  • 収入状況

  • 本人属性

  • 信用情報

どの情報も申込時に回答する内容ですが、詳細を見ていきましょう。

収入状況

収入状況は、申込者の仕事や住居に関する情報のことで、収入の安定性を確認するものです。

以下の情報がそちらにあたります。

収入状況

  • 年収

  • 職種

  • 勤務先

  • 雇用形態

  • 勤務年数

これらの情報をもとに審査が行われますが、「安定した返済を行えるかどうか」を判断することが目的です。

月収3万円のアルバイトの方でも借入できる可能性はある

例えば、月収3万円の方が借入可能か試算してみましょう。年収に換算すると36万円です。

融資は「収入の3分の1まで」と法律で決まっているため、12万円を超えない範囲で設定されます。アコムの場合、原則として限度額は10万円単位で設定されるため、審査に通れば10万円が設定されることになるでしょう。

このように、極端な例ですが収入が安定していれば、たとえアルバイトで給料が少額でも、理論上は借入が可能なのです。

本人属性

本人属性とは、申込者の家族構成や住宅ローンの有無など、本人に関係する情報のことです。

具体的には以下の情報のことを指します。

本人属性

  • 結婚の有無

  • 家賃、住宅ローンの有無や金額

  • 入居年数(居住年数)

  • 扶養家族の人数

これらの情報は、収入に対して支出の額がどのくらいあるのかを重点的に見られます。

例えば、同じ年収でも一人暮らしの場合と家族連れの場合は、当然ながら支出額が異なりますし、家賃や住宅ローンの金額は人によってバラバラです。

住所不定・無職でなければ問題はない

極端な話をすると、住所がきちんとあり、働いている方であれば申込をすることができます。

なぜなら、安定した収入と住所があれば、多くの場合で申込条件を満たせるからです。

例えば、あなたが知り合いにお金を貸すときを想像してみましょう。いくら知り合いであっても、「住所も仕事もない人」にはお金を貸したくないはずです。カードローンの審査も同じように考えます。

そのため、住所不定・無職でなければ申込ができるため、審査も受けられるのです。

信用情報

信用情報とは、過去の返済延滞や金融事故、申込回数など個人信用情報機関に記録されている情報のことです。

具体的には以下の情報を指します。

信用情報

  • 他社の借入件数や残高

  • 過去の返済に関し延滞の有無

  • 金融事故の有無

  • 短期間に集中的な申込の有無

これらの情報は、信用情報機関に問い合わせを行い確認されます。その中で、過去に返済の延滞や金融事故の履歴があった場合は審査に落ちる可能性が上がります。

なぜなら、「安定した返済を行う」ということは、「返済の約束を守ってくれる」ことが前提にあるからです。

そのため、過去に返済の約束を守れなかった人は「信用がない状態」と判断されます。

1~2回の遅れ程度なら気にすることはない

何度か支払いに遅れたからといって審査に落ちるかといえば、そのようなことはありません。

それは、支払いの遅れがあっても程度次第のため判断が分かれるからです。

仮に、1~2回遅れた程度ではそこまで厳しい判断はされません。これ以上、遅れの回数を重ねないようにだけ気を付ければ問題はありません。

遅れがないに越したことはないですが、1~2回程度の場合なら気にしなくてもいいので安心してください。

アコムを契約する手続きの流れ

アコムの審査はいつ行われるのか?また、審査が始まると何が起きるのか?それを確認するために、まずは契約手続きの流れを確認しておきましょう。

  1. 公式サイトから申込

  2. 審査の実施

  3. 書類のアップロード

  4. 契約手続き

  5. ローンカードを受け取る

申込の後に審査が行われる

申込情報を受け取った後に審査が行われ、先に説明した情報をもとに判断されます。

このときに誤った情報を送信してしまうと、電話で確認が入ったり、審査時間が延びたり、スムーズな手続きを行うことができなくなるため、注意をしてください。

申告する際にサバを読まない

よくある事例ですが、年収を多くしたり、他社借入額を少なくしたりする方がいます。この行為にメリットは一切なく、デメリットしかありません。

なぜなら、すぐ嘘としてバレるからです。年収は証明書を見れば分かりますし、他社借入額も信用情報を確認する際に分かります。

仮に、バレずに審査が通った場合でも利用中にバレることがあります。その場合、規約違反となるため、取引中止のうえ、全額一括返済ということになる可能性が高いです。

そのため、申告する際にサバを読むことは絶対にやめましょう。

在籍確認は本人確認の後に行われる

本人情報の確認が終わったら、次は在籍確認です。

在籍確認とは、カードローン会社が審査の際に、提出した書類に記載されている職場で働いているか確認する作業のことです。

一般的に、職場に電話をすることが多く、アコムの在籍確認も電話で行われます。その際に、担当オペレーターは個人名を名乗りますので、アコムからの電話とは気付かれにくいです。過度な心配はいりません。

在籍確認の際に、申込者本人が電話に出ることができればいいのですが、それができないこともあるでしょう。しかし、直接電話に出られなくても、在籍の確認が取れれば在籍確認は完了となるため、安心してください。

電話が来ることが不自然な職場の場合

職場によっては、個人に電話が来ること自体が不自然なところもあるでしょう。

その場合は、申込情報を送信した後に、アコムのフリーコールに相談をしてください。

はじめての方のお問い合わせ (フリーコール)

  • 0120-07-1000

親身に相談に乗ってもらえますし、電話以外の方法に切り替えてくれる可能性があります。

必要書類を準備するタイミング

必要書類を準備するタイミングは、通常であれば、申込~審査が終わるまでの最短30分の間で行うといいでしょう。

ただし、以下の場合は話が変わります。

  • 借入希望額が50万円を超える方
  • 他社の借入額と今回の借入希望額の合算が100万円を超える方

この場合、必要書類の数が増えます。また、すぐに用意できる書類でないことが多いです。

上記の条件の場合は、収入を証明する書類が追加で必要になります。源泉徴収証や給与明細書などがそれにあたりますが、プリントアウトの処理が必要なため、プリンターがない場合はコンビニ等に行くことになるかもしれません。書類の準備が余計に必要になるため、時間もその分かかります。

そのため、自身の状況をよく考えて、必要書類を準備するタイミングが変わってくるので注意しましょう。

WEBからの場合の必要書類は2種類必要

アコムではWEBから申込んだ場合、以下の必要書類から2種類の提出が必要です。

必要書類

  • 運転免許証(表・裏)

  • 保険証(表・裏)

  • パスポート(写真・住所記載部分)

  • マイナンバーカード(表面のみ)

もしも上記の1点しか用意できない場合は、以下の補足書類が必要です。いずれも発行から6ヵ月以内のものを準備してください。

補足書類

  • 住民票の写し

  • 公共料金の領収

    電気、ガス、水道、NHK等

補足書類によっては、役所に行く必要もあるため注意が必要です。

アコムの審査に通過する3つのコツ

アコムの審査に通過するためには、押さえておくべきコツがいくつかあります。

このコツを知り実践することで、アコムの審査での悪印象を少なくすることができます。

以下の3つのコツを実践してみましょう。

審査に通過する3つのコツ

  • コツ1.借入希望額は最低限にする

  • コツ2.一度に複数社申し込まない

  • コツ3.虚偽の申告をしない

コツ1.借入希望額は最低限にする

申込の際に、「借入希望額」を記入する際は、必要最低限の金額にしてください。

なぜなら、まだ取引をしていない未知の状態だからです。

例えば、友人にお金を貸してほしいと言われたとき、どのように貸すか考えてみてください。

この場合、はじめから大きな金額は貸したくないでしょう。何度か回数を重ねて、信用ができるようになったら金額を増やすかもしれません。

アコムも同じです。はじめて取引する方が、大きな金額を希望してきた場合は慎重に審査します。

そのため、借入希望額は必要最低限にしましょう。

無理して希望額を低く出しすぎるのもダメ

逆に、本当は30万円必要なのに、遠慮して希望額を低く出すことはやめましょう。本末転倒です。

あくまで、必要最低限の希望額申請をするようにしてください。

コツ2.一度に複数社申し込まない

実は、信用情報を確認するときに、「他社を含む申込履歴」を見られています。この履歴を確認した際に、複数社の申込をしている方はマイナスの評価になってしまう可能性があります。

なぜなら、アコム側からしたら、「お金に困っている」と認識するからです。また、「年収の3分の1」を超えてはいけないという法律もあるため、審査の際、いつもより慎重になることも考えられます。

申込は1社に絞ることが大事

複数社の申込はアコムだけでなく、カードローン会社が嫌う行為の一つです。

この行為は「申込ブラック」と呼ばれ、まともに審査されないことも考えられます。

「何社同時に申込むとアウトなのか」といった基準はありませんが、申込先は1社にしぼることを心がけてください。

コツ3.虚偽の申告をしない

申込の際に、誤った情報を記載することがないように注意しましょう。

審査に悪い影響を与えます。心象が悪いからです。

例えば、本人以外が申請しているのでは?と疑われたり、嘘ついているのでは?と捉えられたりします。

わざとでない場合でも、申請前に確認を必ず行い、間違いがないようにしましょう。

正直な申告が一番評価高い

正当な審査結果は、正直に申告したときにはじめて得られるものです。

虚偽の申込内容はかならずバレるので、嘘を吐く意味はありません。

本当は審査に通るのに、誤った情報のせいで落ちるというようなことも考えられます。

正直かつ正確に、情報を申告するようにしましょう。

アコムの審査で落ちた時の対処法

本当にお金が必要なのに、審査に落とされてしまうなんてと、悔しがっていても状況は打開できないでしょう。お金がない状況は変わりありません。

どうしても現金が必要な人は、別の解決策がないか検討してみることが大切です。

他社に新規申込するという手段もある

アコムの審査に落ちてしまった場合は、他社のカードローンに新規申込をするという選択肢があります。

審査に通過するかどうかは、金融機関が独自で決めているものなので、アコムに落ちたからといって、すべて落ちるとは限らないのです。

審査基準は会社によって異なる

審査の基準は、銀行と消費者金融でも異なりますし、会社の違いによっても異なります。

例えば、A社は収入の多さを重視したり、B社は正社員であることを重視したり、C社は自宅が持ち家であることを重視したり、という具合にバラつきがあります。

そのため、同じ人が複数の金融機関に申込したとして、その審査結果はすべて同じになるとは限りません。例えば、A社の審査に落ちた人がいたとしても、場合によってはB社・C社の審査には通過するケースもあるのです。

おすすめの消費者金融はこちら

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短1時間
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短1時間融資も可能
  • 2021オリコン顧客満足度調査1位

公式サイトはこちら

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

レイクALSA

金利
4.5~18.0%
借入限度額
1万円~500万円
融資スピード
最短60分融資も可能
レイクALSA
  • WEB申込なら初めての人は60日間利息0円
  • 最短60分で融資も可能
  • 公式アプリ「e-アルサ」でカードレス可能

公式サイトはこちら

まとめ

アコムの審査基準について解説してきましたが、いかがでしたか?

アコムのカードローンでお金を借りるには、審査に通過する必要があります。審査に落ちてしまうと利用はできません。

審査では申込者の収入状況や他社借入状況が確認されて、「安定して返済を行える」と判断されると審査に通過することができます。

アコムに限らず他の金融機関の審査では申込者の返済能力が重視されますので、申込前に自身の状況を見直し、審査に影響がないか確認しましょう。

TOPへ戻る