今すぐお金を借りる方法を詳しく解説!あなたに合った借入先を紹介

「今すぐお金を借りる方法が知りたい」と、考えている方もいるでしょう。結論、お金を借りる方法は大きく分けて、消費者金融、銀行カードローン、公的融資の3つがあります。

本記事では、目的や状況に合わせて借入方法を解説します。最後までご覧になることで、自身に合った借入方法が見つかるはずです。

お金を借りる方法一覧!それぞれの借入先を比較

「お金を借りる」と一言でいっても、融資までのスピードが早いものから国・自治体の融資まで、さまざまな借入方法があります。まずは以下の借入先をご覧ください。

今すぐ借りる消費者金融
低金利で借りる銀行カードローン
国・自治体から借りる公的融資

このように、借入方法は大きく分けて3つあり、融資の手順や条件がそれぞれ大きく異なります。自身の状況に適した借入方法を見つけるためにも、ひとつずつ詳しく解説していきます。

今すぐお金を借りるなら消費者金融 

今すぐお金を借りたいのであれば「消費者金融」をおすすめします。消費者金融は審査時間が短く、当日に融資を受けられるカードローンが多数存在します。

また、インターネットで申込む場合は融資までがよりスピーディーで、消費者金融によってはローンカードを発行しないカードレスに対応しています。

さらに大手消費者金融であれば、無利息期間が備わっている会社がほとんどなので、その場合は期間内に返済すれば利息を支払う必要がありません。なお、融資までのスピードが早い大手消費者金融は下記の5つがあげられます。

アコムプロミスアイフルSMBCモビット
金利3.0%~18.0%4.5%~17.8%3.0%~18.0%3.0%~18.0%
審査時間最短30分最短30分最短25分最短30分
融資時間最短1時間最短30分最短25分最短1時間
無利息期間最大30日間最大30日間最大30日間なし

これら大手消費者金融をもっと知るためにも、特徴をひとつずつ見ていきましょう。

アコム

テレビCMでお馴染みのアコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下企業です。2021年9月末時点の利用者数は150万件以上であり、消費者金融の中で最も多い利用者数を誇ります。

アコムは公式ホームページに記載されている通り、最短30分の審査で最短即日融資が可能です。また、借入れ可能かすぐに分かる「3秒診断」が設けられているため、審査結果をすぐに知ることができます。ただし、3秒診断はあくまで簡易審査であり、本審査通過を100%保証するものではありません。

アコム

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
審査は最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!
  • 審査は最短30分で即日融資も可能!
  • 利用者数ナンバーワン

公式サイトはこちら

プロミス

プロミスは「アプリローン」と呼ばれる独自サービスを展開している消費者金融です。ローンカードが手元になくてもスマートフォンさえあれば、その場ですぐに借入が行えます。

また、プロミスの特徴は最大金利が17.8%に設定されていることです。ほかの大手消費者金融は最大金利が18.0%なのに対し、プロミスは0.2%も低く設定されています。「できるだけ金利を下げたい」という方はプロミスがおすすめです。

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短1時間
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短1時間融資も可能
  • 2021オリコン顧客満足度調査1位

公式サイトはこちら

アイフル

アイフルは消費者金融の中で審査通過率が高い傾向にあり、新規成約数は業界トップレベルです。審査が甘いわけでは決してありませんが、カードローンの新規成約実績が多数あります。

そのほか、アイフルの特徴としては融資時間の短さがあげられます。融資時間が最短25分なので、他社よりもスピーディーに借入できる可能性が高いです。「どうしてもすぐにお金を借りたい」という方は、アイフルの利用をおすすめします。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

SMBCモビット

SMBCモビットは「WEB完結」の申込みに対応している利便性に優れた消費者金融です。在籍確認として行われる電話連絡をなしにできる利点があるため、勤務先にカードローンの利用を知られたくない方におすすめです。

また、電話連絡なしのほかにも郵送物なしで申込みできるため、家族にバレずにカードローンを利用できます。ただし、大手消費者金融の中で唯一無利息期間がないため注意が必要です。

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前診断可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

公式サイトはこちら

低金利で借りるなら銀行カードローン

できるだけ低金利でお金を借りたい場合は、「銀行カードローン」という手段があります。銀行カードローンは消費者金融よりも低金利でお金を借りられます。また、銀行口座を既に持っていれば面倒な手続きが少なく、スムーズにお金を借りることが可能です。

三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行
金利1.5%~14.5%2.0%~14.0%3.5%〜13.5%
審査時間最短翌営業日以降最短翌営業日以降最短翌営業日以降
融資時間最短翌営業日以降最短1週間約2週間〜1ヶ月

それぞれの銀行カードローンを比較していきましょう。

三井住友銀行カードローン

金利1.5%~14.5%
審査時間最短翌営業日以降
融資時間最短翌営業日以降

三井住友銀行カードローンは、極度額10万円から800万円までの申込みが可能です。普通預金口座が不要であり、インターネットから「WEB完結」の申込みもできます。

また、返済方法をATM・インターネット・口座振替の3つから選択できるほか、返済日も4つから選ぶことが可能です。このように三井住友銀行カードローンであれば、自身の状況に合わせて利用することできます。

みずほ銀行カードローン

金利2.0%~14.0%
審査時間最短翌営業日以降
融資時間最短1週間

みずほ銀行カードローンは、ほかの銀行カードローンに比べて金利が低いのが特徴です。消費者金融と比較すると、その金利の低さは一目瞭然です。

みずほ銀行カードローンも「WEB完結」の申込みに対応しており、来店・郵送ともに不要です。また、みずほ銀行の普通預金口座を持っていない方でも申込めるため、ぜひ一度検討してみてください。

りそな銀行カードローン

金利3.5%〜13.5%
審査時間最短翌営業日以降
融資時間約2週間〜1ヶ月

りそな銀行カードローンは24時間365日の申し込みが可能です。利用限度額の範囲内であれば、コンビニATMからスムーズな借入ができます。

また、りそな銀行カードローンが提供するスマートフォン用アプリには、借入の残高確認や繰上返済などの便利な機能が備わっています。りそな銀行の口座を持っている方はアプリからの申込みも可能です。

生活に困っている場合は公的融資を検討しよう

ここまでに紹介したどの方法でもお金を借りられない方は「公的融資」を検討しましょう。生活に困っている場合は国・自治体からお金を借りられます。手続きや条件が複雑なので、ひとつずつ詳しく確認していきましょう。

総合支援資金

総合支援資金とは、生活再建までの間に必要な生活費用を借りられる制度のことです。貸付上限額はふたり以上の世帯なら月20万円以内、単身世帯であれば月15万円以内となります。貸付期間は原則3ヶ月以内で、無利子・保証人不要で借入れることが可能です。

なお、総合支援資金の対象者は「新型コロナウイルスの影響を受けて、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯」です。申込先は市区町村社会福祉協議会となります。

福祉資金

福祉資金は、低所得者・高齢者・障害者の生活を経済的に支えるほか、就労や趣味などの社会参加の促進を目的とした貸付制度です。資金の用途に応じて580万円までの貸付金額が設定されます。

連帯保証人は原則必要ですが、いない場合でも貸付を受けられます。連帯保証人がありの場合は無利子で、連帯保証人なしだと年1.5%の利子がつきます。なお、本制度は都道府県の社会福祉協議会が主体としており、県内の市区町村社会福祉協議会が窓口です。

教育支援資金

教育支援資金とは、所得が少ない世帯に対して進学や通学に必要となる資金を支援する制度のことです。原則として、修学する本人が資金の借受人となります。この教育支援資金を利用するためには、下記2つの条件を満たす必要があります。

  • 世帯の収入が規定の収入基準を超えない世帯である

  • 日常生活には困っていないが、修学のためにまとまった資金が必要である

なお、本制度には「教育支援費」と「就学支度費」の2種類があり、修学状況に応じて限度額が異なります。

不動産担保型生活資金

不動産担保型生活資金は、持ち家や土地の居住用不動産を担保にして生活費を借入れる制度です。住み慣れた自宅に住み続けたい高齢者が対象であり、居住用不動産を担保に月額で貸付を受けられます。

貸付限度額は居住用不動産(土地)の評価額の70%で、貸付期間は借受人の死亡時まで、もしくは貸付元利金が貸付限度額に達するまでの期間です。なお、貸付の条件は下記をご参考ください。

  • 借入申込者が単独で所有、あるいは同居の配偶者との共有する不動産に居住している

  • 不動産に貸借権等の利用権や抵当権等の担保権が設定されていない

  • 配偶者またはその親以外の同居人がいない、かつ世帯の構成員が原則として65歳以上である

  • 借入世帯が市町村税の非課税世帯、または均等割課税世帯程度の低所得世帯である

  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員が属する世帯ではない

まとめ

本記事では、今すぐお金を借りる方法、低金利でお金を借りる方法などを解説しました。

消費者金融は融資までのスピードが早いという利点があります。また、無利息期間が備わっている会社が多いため、その場合は期間内に返済すれば利息を支払う必要がありません。一方、銀行カードローンであれば、消費者金融よりも低金利でお金を借りられます。

これらの借入方法が難しいという方は、国・自治体の公的融資を検討しましょう。条件や手続きが複雑ではあるものの、生活費や修学費用を借入れられる可能性があります。

この記事で紹介したカードローン

アコム

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
審査は最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!
  • 審査は最短30分で即日融資も可能!
  • 利用者数ナンバーワン

公式サイトはこちら

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短1時間
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短1時間融資も可能
  • 2021オリコン顧客満足度調査1位

公式サイトはこちら

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前診断可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

公式サイトはこちら

TOPへ戻る