カードローンの借り換えをする意味とは?メリットや注意点を詳しく解説

「カードローンを借り換える意味って本当にあるの?」という疑問をお持ちの方もいるはずです。条件が良いカードローンに借り換えることで、結果として毎月の利息や返済額を減らすことができます。

本記事では、カードローンの借り換えのメリットや注意点、おすすめの消費者金融を解説します。カードローンの借り換えを検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

カードローンの借り換えとは?

カードローンの借り換えとは、いま契約しているカードローンから別の会社に乗り換えることです。カードローンによって適用される金利やサービスが異なるため、現在契約しているカードローンの金利が高かったり、利便性が優れていなかったりする場合に借り換えを検討します。

カードローンを借り換える大まかな流れは、現在A社からお金を借りている場合、新しくB社のカードローンからお金を借りてA社のローンを完済する、という流れです。

一般的に「カードローンの借り換え」といわれる言葉は、「A社からB社に変更する」といったように1対1のやり取りを意味します。それとは別に、複数のカードローンをひとつにまとめることを「おまとめローン」と呼び、カードローンの借り換えと区別化されています。

カードローンの借り換えで得られる2つのメリット

続いて、カードローンの借り換えで得られるメリットを2つ解説します。カードローンを借り換える重要性がさらに理解できるはずです。

メリット1.利息を減らせる

カードローンを借り換える最大のメリットは、利息を減らせることです。設定されている金利はカードローンごとに異なるため、現在の金利より1%でも低いカードローンに借り換えることで毎月の利息が減少します。

借入残高そのものが減るわけではありませんが、結果として返済総額を減らすことにつながります。また、利息が減ることで気持ち的に楽になるのもメリットのひとつです。

メリット2.毎月の返済額を減らせる

カードローンを借り換えるメリット2つ目は、毎月の返済額を減らせることです。カードローンによって月々の返済額や返済条件が異なるため、借入額が同じであったとしても毎月の返済額を減らせる可能性があります。

例えば、元金定額方式から元利定額方式に変更することで、毎月の返済額が変動します。元金定額方式は、一定額を元金として利息がそこに上乗せされる返済方式です。一方、元利定額方式は一定額に利息が含まれているため、毎月の返済額が安定します。

元金定額方式で「毎月1万円+利息分」の返済をしていた場合、元利定額方式に変更することで元金と利息分を合わせた返済額を「毎月1万円」にできる可能性があります。

毎月の返済に頭を抱えている方は、月々の返済額を抑えられるカードローンに借り換えてみてはいかがでしょうか?

カードローンの借り換え時に注意すべき2つのポイント

カードローンの借り換えはメリットだけでなく、注意すべきポイントもいくつか考えられます。本項で解説する2つの注意点を理解した上で、カードローンの借り換えを検討しましょう。

注意点1.借り換え時に審査が発生する

カードローンを借り換える場合、借り換え先の契約時に審査が発生します。その審査に通過しなければカードローンの借り換えはできません。

新規契約の審査なので、返済能力や借入状況などで総合的に判断されます。審査通過が心配な方は、借り換えする前に支払状況をしっかり確認しておきましょう。

また、複数の借り入れをしている場合は「総量規制」に引っかかる恐れもあります。総量規制とは、「年収の3分の1を超える貸付はできない」という貸金業法による規定のことです。特に多額の借入を複数社から行っている方は総量規制を意識しましょう。

注意点2.返済総額が増える可能性がある

借り換え先の金利や条件をしっかり確認しないと、返済総額が増える可能性があります。いま契約しているカードローンの金利と必ず比較してから検討しましょう。

また、金利が低くなるからといって必ず返済総額が減少するわけではありません。毎月の返済額を少なく設定すると、それに伴い完済までの期間が延びてしまうことがあります。カードローンの利息は完済までの期間が長ければ長いほど上昇するため、返済総額が増えてしまう恐れがあるのです。

毎月の支払い額に着目してしまいがちですが、金利や条件を十分に確認してから借り換えを行いましょう。

カードローンの借り換えにおすすめの消費者金融

最後に、カードローンの借り換えにおすすめの消費者金融を4つ紹介します。借り換えを検討している方は、金利や返済条件をひとつずつ見直しましょう。

プロミス

テレビCMやつり革広告などで有名なプロミスは、大手消費者金融の中で最大金利が最も低いカードローンです。ほかの大手消費者金融は最大金利が18.0%なのに対し、プロミスは0.2%も低く設定されています。

利用限度額は最大500万円とあまり高くはないものの、審査・融資時間の短さやカードローンの利便性が評価されています。また、公式ホームページから「おまとめローン」の申込みも可能であり、さまざまなケースに対応しているカードローンです。

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短1時間
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短1時間融資も可能
  • 2021オリコン顧客満足度調査1位

公式サイトはこちら

アコム

「はじめてのアコム」で知名度が高いアコムは、2021年9月末時点の利用者数は150万件以上であり、消費者金融の中で最も多い利用者数を誇ります。アコムが人気の理由は、安心感と使い勝手の良さでしょう。

金利・利息は他社と比べてあまり優れていないものの、全国各地に展開されている店舗・ATM・無人契約機の多さが魅力的です。また、専用スマホアプリを用いれば、24時間最短1分で振込みをしてもらえます。なお、アコムは「借り換え専用ローン」というサービスも展開しています。

アコム

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
審査は最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!
  • 審査は最短30分で即日融資も可能!
  • 利用者数ナンバーワン

公式サイトはこちら

アイフル

アイフルは大手消費者金融の中で最も早い融資時間を誇ります。審査・融資時間ともに最短25分であり、ほかのカードローンよりも融資をスピーディーに受けられます。

また、アイフルには「おまとめローン」用に、「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の2つのプランがあります。アイフルで借入をまとめることで返済管理がスムーズになり、同時に毎月の返済金額の減少にも期待できます。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

SMBCモビット

SMBCモビットは利用限度額が最大800万円の利便性に優れた大手消費者金融です。「WEB完結」の申込みに対応しており、勤務先への電話連絡や自宅への郵送物をなしにできます。そのため、職場の従業員や家族に内緒で借り換えを実施できるはずです。

金利については特に目立った利点はありませんが、カードローンの利便性を高められるため、使いやすいカードローンを求める方におすすめです。

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前診断可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

公式サイトはこちら

まとめ

ここまで、カードローンの借り換えのメリットや注意点、借り換えにおすすめの消費者金融を解説しました。

現在契約しているカードローンを他社に借り換えることで、毎月の利息や返済額が減少する可能性があります。しかし、場合によっては返済総額が増えるリスクもあるため、カードローンを借り換えする際には金利や返済条件をしっかり確認しましょう。

カードローンの借り換えを検討している方は、ぜひ本記事で紹介したおすすめ消費者金融を参考にし、自身に合ったカードローンを探してみてください。

TOPへ戻る