カードローンの金利ってなんのこと?実質年率との違いや計算方法を解説

「カードローンの金利ってなんのことだろう?」という疑問を持っている方もいるでしょう。カードローンの金利は、借り入れた元金に対する利息の割合を指します。金利と利息を混合しがちですが、似ているようで異なる意味を持ちます。

そこで本記事では、カードローンの金利や利息、カードローンの利息を抑える方法を解説します。最後までご覧になることで、利息を抑えたカードローンの利用ができるはずです。

カードローンの金利とは?

カードローンでお金を借りるときに必ず目にする「金利」という言葉。この金利は、借り入れた元金に対する利息の割合を指します。金利は「利率」や「利回り」といった言葉でも使用されるほか、金利は〇〇%といった表現で用いられます。

例えば、金利(年利)15.00%でお金を10万円借りた場合、1年間で発生する利息は1.5万円です。計算方法は「10万円×15.00%=1.5万円」となります。

なお、「利息」は借入額に対するレンタル代のようなもので、お金を借りた際に元金とは別に支払うお金を意味します。

実質年率との違い

カードローンを契約する際には「実質年率」という言葉がよく使われます。実質年率とは、手数料や保証料などの諸費用を足した金利のことです。

この実質年率の表示は「不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)」によって義務付けられています。ただし、大半のカードローンは手数料や保証料が発生しないため、「実質年率=金利」であることがほとんどです。

カードローンの金利上限は年利20.00%

カードローンを利用する際に必ず設定されている金利ですが、利息制限法によって金利上限は20.00%までと定められており、それを超える金利の貸金業者は違法となります。

また、利息制限法では貸付金額に応じて段階的に上限金利が設定されています。金額に応じた上限金利は下記の通りです。

貸付金額上限金利
10万未満20.00%
10万以上100万円未満18.00%
100万円以上15.00%

正規の貸金業者はすべて上限金利の範囲内で貸付を行っています。つまり、金利上限を守っていない業者は100%闇金融です。闇金融に関わると取り返しのつかないことになるため、闇金融は絶対に利用してはいけません。

カードローンの利息の計算方法

ここまで、カードローンの金利上限について解説しました。続いて、カードローンの利息の計算方法をみていきましょう。カードローンの利息は以下の計算式に則って算出されます。

「利息額=借入金額×実質年率×借入日数÷365日(うるう年の場合は366日)」

例えば、借入金額50万円・実質年利15.00%・借入日数180日で計算してみましょう。その場合の利息額は以下のように算出されます。

「利息額=50万円×15.00%×180日÷365日=3万6,986円」

次に、借入金額と借入日数はそのままで、実質年利を18.00%にして計算します。以下のように算出することが可能です。

「利息額=50万円×18.00%×180日÷365日=4万4,383円」

このように、50万円の借入で金利が15.00%から18.00%に増えると、180日間の借入日数で7,397円もの差が生まれました。また、この金額差は借入日数が経過すればするほど、さらに大きくなっていきます。

「たかが利息」などと思っていると、返済が困難になる可能性もあります。利息をしっかり考慮した上で、計画的な返済を心がけましょう。

カードローンの利息を安く抑える2つの方法

カードローンの利息の計算方法は大まかに理解できたでしょうか?次に、カードローンの利息を安く抑える方法を2つ解説します。カードローンの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

方法1.金利が低いカードローンを選択する

カードローンの利息を安く抑えるためには、金利が低いカードローンを選択しましょう。カードローンの金利は貸金業者によって異なるため、それぞれの金利を比較してできるだけ低い会社と契約することをおすすめします。

カードローンの金利は各会社のホームページに掲載されています。大手消費者金融の金利は以下をご参考ください。

社名金利(実質年率)
プロミス年4.5%~17.8%
アコム年3.0%~18.0%
アイフル年3.0%~18.0%
SMBCモビット年3.0%~18.0%

大手消費者金融の中で唯一プロミスだけが最大金利17.8%と、少しだけ金利が低く設定されています。

方法2.繰り上げ返済をする

カードローンの利息を安く抑える方法2つ目は、繰り上げ返済をすることです。繰り上げ返済とは、毎月の返済額とは別に追加で返済することを意味します。追加で支払った金額はすべて元金に当てられるため、結果として利息を安く抑えられます。

例えば、通常の返済3万円とは別に繰り上げ返済を3万円行う場合、下記のような違いがあります。

  • 通常の返済=元金2万円:利息1万円

  • 繰り上げ返済=元金3万円:利息0円

通常の返済における元金と利息の割合はカードローンによって異なりますが、繰り上げ返済を行うことで一気に元金を減らすことできます。

おすすめのカードローン会社はこちら

最後に、おすすめのカードローン会社を4つ紹介します。すべて大手消費者金融であるため、安心してカードローンを利用できるはずです。カードローン会社によって金利やサービス内容が異なるため、それらを考慮した上で選択しましょう。

プロミス

先ほどお話しした通り、プロミスは大手消費者金融の中で上限金利が最も低いカードローンです。そのため「利息をできるだけ安く抑えたい」という方におすすめです。また、プロミスはテレビCMやつり革広告などで認知度が高く利用者も多いため、安心して利用することができます。

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短1時間
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短1時間融資も可能
  • 2021オリコン顧客満足度調査1位

公式サイトはこちら

アコム

アコムは大手消費者金融の中で最も利用者数が多いカードローンです。金利や融資時間に関してはほかのカードローンとあまり大差はありませんが、店舗・ATM・無人契約機の多さが魅力的だといえます。専用スマホアプリの使い勝手の良さも人気の秘訣です。

アコム

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
審査は最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!
  • 審査は最短30分で即日融資も可能!
  • 利用者数ナンバーワン

公式サイトはこちら

アイフル

アイフルは審査時間・融資時間ともに最短25分であるため、融資をスピーディーに受けられます。店舗・ATMも多数展開されており、カードローンの利便性に優れています。

また、アイフルのホームページで利用できる「返済シミュレーション」では、各回の返済金額を算出することができます。有効活用すれば計画的な返済につなげられるはずです。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

SMBCモビット

SMBCモビットは「WEB完結」の申込みに対応している消費者金融で、勤務先への電話連絡や自宅への郵送物をなしにすることが可能です。特に金利や融資時間が優れているわけではありませんが、「職場や家族に内緒でカードローンを利用したい」という方におすすめです。

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前診断可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

公式サイトはこちら

まとめ

本記事では、カードローンの金利や利息、カードローンの利息を抑える方法を解説しました。

借り入れた元金に対する利息の割合を示す金利は、正規の貸金業者であれば利息制限法によって金利上限は20.00%までと定められています。カードローンの利息は「利息額=借入金額×実質年率×借入日数÷365日(うるう年の場合は366日)」に当てはめるだけで簡単に算出できます。

カードローンの利息を安く抑えたい方は、ぜひ本記事の内容を参考にしてみてください。金利の低いカードローンを選択できるはずです。

TOPへ戻る