専業主婦でもカードローンは利用できる?利用時の注意点や夫にバレないコツを解説

「専業主婦でも融資を受けたい」という悩みを抱えていませんか?配偶者収入がある専業主婦であれば、銀行カードローンに申し込むことができます。注意点を踏まえることで家族に内緒でお金を借りることも可能です。

本記事では、専業主婦が銀行カードローンを利用する流れ、利用する際の注意点を解説します。最後までご覧になることで、専業主婦でも安心してカードローンを利用できるでしょう。

銀行カードローンであれば専業主婦でも申し込める

カードローンは基本的に安定した収入がなければ利用できません。しかし、銀行カードローンは配偶者収入があれば、専業主婦でも申し込むことが可能です。「専業主婦でもお金を借りたい」という方は、銀行カードローンを検討しましょう。

また、「配偶者貸付制度」に対応しているカードローンであれば、銀行カードローンでなくてもお金を借りることができます。「ベルーナノーティス」など一部の消費者金融が対応しています。

しかし、配偶者貸付制度を用いてお金を借りる場合、配偶者の同意書や本人確認書類を用意する必要があります。そのことから、配偶者に内緒でお金を借りることはできません。また、大手消費者金融では扱っていない点にも注意しましょう。

銀行カードローンを利用できる可能性がある理由

なぜ専業主婦でも銀行カードローンを利用できる可能性があるのでしょうか?それは、申込者が働いてなくても配偶者に収入があることから、無職とは別の扱いになるためです。

ただし、銀行カードローンであっても契約時には必ず審査が実施されるため、100%融資を受けられるわけではありません。配偶者の収入が高い場合も同様です。

専業主婦の申込可能なキャッシング

専業主婦が銀行カードローンを利用する流れ

続いて、銀行カードローンを利用する大まかな流れを見ていきましょう。初めて銀行カードローンを利用する方は、ぜひ参考にしてみてください。

まずは、申込から利用までの大まかな手順を確認しましょう。

  1. カードローンの申込み

  2. 必要書類の提出

  3. 申込みの審査

  4. 契約手続きとカード発行

  5. 利用開始

各段階の詳細については、以下の通りです。

手順1.カードローンの申込み

まずはカードローンの申し込みをします。スマートフォンやパソコンからのインターネット申込み、電話による申込み、ローン契約機による申込みなど、いくつかの申込方法があります。

スマートフォンの操作に慣れているのであれば、インターネット申込みをおすすめします。インターネットからの申込みは契約手続きがスムーズで、24時間申込可能なカードローンが多いです。申込みはカードローンの公式ホームページからスタートし、必要事項を上から順番に入力していくだけなので簡単です。

手順2.必要書類の提出

カードローンの申込みが終わったあとは、必要書類の提出を行います。通知にある案内に従い、本人確認書類や年収証明書類などを提出します。

必要書類の提出はスマートフォンのカメラで撮影し、インターネットを用いて画像をアップロードします。FAXや郵送で提出する場合もあります。

手順3.申込みの審査

必要書類の提出が完了すれば、申込みの審査に移ります。申込時の入力内容と申込者本人の信用情報を参照し、いくらまで融資が可能なのかを決定します。

審査終了後、メールや電話で審査結果が伝えられます。

手順4.契約手続きとカード発行

審査に通過したあとは、契約の手続きを進めていきます。必要事項を入力して契約内容を確認すれば、カードローンの契約は完了です。

なお、ローンカードの受け取り方法は、ローン契約機での受け渡しや郵送、カードレスなど、本人の希望に合わせて選択できます。

手順5.利用開始

ローンカードが手元に届けば、カードローンの利用を開始できます。銀行やコンビニのATMからお金を借り入れることが可能です。

また、最近では登録した銀行口座に振り込んでもらうこともできます。

専業主婦が銀行カードローンを利用する際の注意点2つ

ここまで、銀行カードローンを利用する流れをお話ししました。

次に、利用する際の注意点を2つ解説します。安全に銀行カードローンを利用するためにも、事前に注意点を押さえておきましょう。

注意点1.借入限度額は10万〜50万円程度

専業主婦が銀行カードローンを利用する場合、借入限度額は10万〜50万円程度であることがほとんどです。これは、申込者の収入ではなく配偶者の収入が考慮されているためであり、専業主婦は借入限度額に大幅な制限がかかります。

そのことから、銀行カードローンのホームページに「最大限度額は1,000万円」と記載されていても、専業主婦は限度額いっぱいまで借りることは基本的にできません。

注意点2.即日の借入はできない

専業主婦に限った話ではありませんが、銀行カードローンは即日の借入ができません。最短でも翌日の借入となるため注意しましょう。

以前までは銀行カードローンも即日融資に対応していました。しかし、反社会的関係者への融資を防ぐという目的のため、警察庁データベースへの照合作業が必要になりました。この照合作業に時間がかかってしまうため、2018年1月に即日融資が廃止されました。

なお、消費者金融であれば即日融資に対応しているものの、専業主婦では融資を受けられないケースがほとんどです。そのため、最短でも翌日融資であることを念頭に置いておきましょう。

銀行カードローンは家族に内緒で利用できる

「家族に内緒でカードローンを利用したい」と、思っている方も一定数いるでしょう。銀行カードローンは本人名義で融資を受けるため、家族に内緒でお金を借りることができます。ただし、家族に内緒で利用するためにはいくつか意識すべきポイントがあります。

夫の勤務先への電話連絡はない

本人名義でお金を借りることから、夫の勤務先への電話連絡はありません。申込時に専業主婦を選択すると「勤務先情報」の記入欄が隠れるため、そもそも夫の勤務先情報を入力しないのです。

また、配偶者年収は自己申告制であるため、夫の年収証明書類は提出しません。ただし、自宅への電話連絡が必要になるケースもあることから、電話連絡の有無は申込み前に確認しておきましょう。

自宅に届く郵送物は要注意

自宅に届く郵送物には注意しましょう。銀行カードローンの申込後、自宅に郵送物が届く可能性があります。その郵送物を家族に見られると、カードローンの利用がバレてしまいます。

ただし、郵送物には銀行名が記されているだけなので、開封されない限りバレる心配は不要です。

配偶者貸付は向いていない

家族に内緒でカードローンを利用したい方には、配偶者貸付は向いていません。配偶者貸付は配偶者の同意がなければ利用できないためです。また、配偶者の同意書や本人確認書類を提出するため、必ず夫の許可が必要になります。

収入があれば選択肢が増える

主婦の申込可能なキャッシングサービス

ここまで解説した通り、働いていない専業主婦の方にとって、お金を借りるという行為はハードルが高いものになっています。

しかし、多くのカードローンは「安定した収入があれば申込可能」となっているため、その条件さえ満たせれば選択肢を増やすことができるのです。

パート・アルバイトの収入でも問題ない

「安定した収入」というのは、会社員でなくともアルバイトやパートとして働いて得たもので問題ありません。

重要なのは「毎月、定期的に一定の収入を得られているかどうか」です。

この条件さえ満たせていれば、たとえ月収が10万円未満の少額であったとしても、銀行以外のカードローンに申込することができます。

おすすめカードローンはこちら

条件を満たせた主婦の方は、以下のカードローンも選択肢に加えてみてください。

アコム

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
審査は最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!
  • 審査は最短30分で即日融資も可能!
  • 利用者数ナンバーワン

公式サイトはこちら

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短1時間
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短1時間融資も可能
  • 2021オリコン顧客満足度調査1位

公式サイトはこちら

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

まとめ

本記事では、専業主婦が銀行カードローンを利用する流れ、利用する際の注意点を解説しました。

配偶者収入がある専業主婦であれば、銀行カードローンに申し込むことが可能です。借入限度額の制限はあるものの、家族に内緒で利用する方法も存在します。

「専業主婦でもお金を借りたい」という方は、ぜひ本記事の内容を参考にし、銀行カードローンの利用を検討してみてください。

TOPへ戻る