他社借入があってもお金は借りられる?審査を受ける際のポイント3つを紹介

「他社に借入があってもお金は借りられるのだろうか?」という疑問を持っている方もいるでしょう。結論、他社に借入があってもお金は借りられます。しかし、審査で不利に働く可能性があるため、100%融資を受けられるわけではありません。

また、複数件の借入には一定のリスクが伴うことから、融資を受ける際には注意が必要です。そこで本記事では、他社借入がある人でも検討したい申込先、審査通過の可能性を上げるための方法を解説します。

他社に借入があってもお金は借りられる?

他社に借入があったとしても、基本的にお金は借りられます。貸金業法には具体的な借入件数の制限が設けられていないため、複数件の借入があっても無闇に審査で落とされるわけではありません。

実際、正規の貸金業者からお金を借りる場合は、借入件数よりも申込者の返済能力や借入総額が重視される傾向にあります。また、複数件の借入が可能であることは、「日本信用情報機構(JICC)」が公表しているデータからもわかります。

借入件数登録人数一人あたり借入残高
2件225.8万人96.0万円
3件82.3万人124.4万円
4件26.8万人156.6万円
5件以上10.0万人266.4万円
参考:日本信用情報機構(JICC)|JICCについて

上記の借入件数のデータを見れば、複数借入ができることは明らかです。しかし、短期間で複数借入をしている場合は、審査で不利に働く可能性があります。

また、カードローンによって審査基準が異なるため、2件、3件の借入であったとしても審査に通らないケースが考えられます。

安心して借入したい人は大手消費者金融

他社借入の総額

借入件数が多くても大手消費者金融であれば、前向きに融資を検討してくれる傾向があります。大手消費者金融は銀行カードローンとは違い、貸付業務で自主規制しているケースが少ないためです。

ただし、申込時には返済能力を必ず調査されるため、審査が甘いわけでは決してありません。また、貸付金額は年収の3分の1を超えてはいけないという「総量規制」があることから、すでに借入総額が多い方は審査に通らない可能性が高いです。

おまとめローンなら借入総額が多くても大丈夫

おまとめローンとは、数社からの借入を一本化することです。ひとつのカードローンから融資を受け、他社分の借入をすべて精算して一社にまとめます。

一般的なカードローンは総量規制により、借入総額が年収の3分の1を超える場合は融資を受けられません。しかし、消費者金融のおまとめローンであれば、総量規制の「例外貸付け」に該当するため、多額の借入があってもお金を借りられる可能性があります。

なお、このおまとめローンを利用することにより、毎月の返済額を減らすことも可能です。借入額にもよりますが、借入を一本化することで金利が安くなり、結果的に返済額が減少するケースがあります。また、借入の管理がシンプルになるため、気持ち的にもだいぶ楽になるはずです。

商品名金利限度額
アイフル おまとめMAX3.0%~17.5%800万円
アイフル かりかえMAX3.0%~17.5%800万円
プロミス おまとめローン6.3%~17.8%300万円
アコム 借換え専用ローン7.7%~18.0%300万円

大手消費者金融すべてがおまとめローンを取り扱っているわけではありません。また、消費者金融によって借入条件が異なるため、それぞれを比較した上で選択する必要があります。

他社借入がある人でも検討したい申込先

「結局どのカードローンを選べば良いのかわからない」という方のために、みんなに選ばれている大手消費者金融を5つ紹介します。カードローンによって特徴が大きく異なるため、ひとつずつ確認していきましょう。

アコム

アコムは利用者数が最も多い消費者金融であり、2021年9月時点での利用者数は150万件以上です。また、審査が甘いわけではありませんが、2021年9月の審査通過率は41.9%と高い通過率を誇っています。

なお、審査通過が不安な方はアコムの「3秒診断」をご利用ください。あくまで簡易診断ではあるものの、借入可能かどうかをすぐに診断できます。

アコム

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
審査は最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!
  • 審査は最短30分で即日融資も可能!
  • 利用者数ナンバーワン

公式サイトはこちら

プロミス

プロミスのカードローンは最大金利が17.8%で、ほかのカードローンに比べて最大金利が0.2%も低いです。そのため、「できるだけ利息を安く抑えたい」という方に適しています。なお、2021年8月の審査通過率は39.9%であり、比較的に高い数値を叩き出しています。

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短1時間
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短1時間融資も可能
  • 2021オリコン顧客満足度調査1位

公式サイトはこちら

アイフル

アイフルは審査・融資時間が短いため、スピーディーにお金を借りることが可能です。また、カードローンの契約はスマートフォンひとつで完結できるほか、カードローンの利便性にも優れています。

さらに、アイフルのカードローンはおまとめローン用に、「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の2つのプランが用意されています。おまとめローンを探している方はぜひご検討ください。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

SMBCモビット

SMBCモビットは、親会社がSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の消費者金融です。審査通過率を公表していないため、審査通過の実態はいまのところわかりません。

しかし、SMBCモビットの開設口座数は年々増加傾向にあります。さらに「WEB完結」でカードローンを申し込むことで、契約時の電話連絡と郵送物をなしにすることが可能です。

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前診断可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

公式サイトはこちら

借りられる可能性を上げるためにできること3つ

ここまで、他社借入がある人でも検討したい申込先を紹介しました。続いて、借りられる可能性を上げるためにできることを3つ解説します。

ポイント1.前回の借入から1ヶ月以上空ける

カードローンの申込みは、前回の借入から最低でも1ヶ月以上空けましょう。もちろん、短期間で複数のカードローンを申込んだとしても、すべての審査に通過する可能性があります。

しかし、申込み履歴が個人の信用情報に記録されることから、審査で不利に働くケースもあります。カードローンの審査時には個人の信用情報を必ず参照するため、短期間の申込み件数が多いと警戒される可能性があるのです。

ポイント2.収入証明書を提出する

借りられる可能性を上げるためには、カードローンの審査時に収入証明書を提出しましょう。自ら提出することで申込者の返済能力が明確になるほか、担当者からの信頼性も上昇し、審査通過につながる可能性があります。

一般的には借入金額50万円以下、もしくは他社と合わせて100万円以下の借入には収入証明書の提出は不要ですが、少しでも審査通過の確率を上げたい方は率先して提出しましょう。カードローンによっては融資限度額が調整されるケースもあります。

ポイント3.借入金額を少額にする

借入金額を少額にすることで、審査に通りやすくなる傾向があります。収入と借入金額を参照して返済可能であると評価されるほか、総量規制に引っかかりづらくなります。少しでも借りられる可能性を上げるためにも、借入金額を少額に設定しましょう。

多重債務に注意する

自転車操業

これまでに複数件を借入る方法などを解説しましたが、多重債務には注意しなければなりません。多重債務とは、複数の貸金業者からお金を借りていることであり、多重債務で返済が困難である方を多重債務者といいます。

返済計画をまともに立てず、借りすぎや使いすぎを繰り返してしまうと、借金が膨れ上がり「お金を返すためにお金を借りる」という最悪の事態に陥ってしまいます。多重債務に陥らないためにも、必ず返済計画を立ててから融資を受けましょう。

多重債務になるリスク

多重債務になるとさまざまなリスクが考えられます。例えば、毎月の生活費が足りなくなる、満足にお金が使えない、借金に追われ続けるなどがあげられます。人によっては精神的に病んでしまうこともあるため注意が必要です。

また、多重債務で返済が困難になった場合は、何らかの形で借入金を整理する「債務整理」を検討するほかなくなります。債務整理の種類は下記をご参考ください。

  • 任意整理

  • 特定調停

  • 個人再生手続き

  • 自己破産

多重債務になるリスクを理解した上で、計画的にカードローンを利用しましょう。

まとめ

本記事では、他社借入がある人でも検討したい申込先、審査通過の可能性を上げるためにできることを解説しました。

他社に借入があってもお金は借りられますが、カードローンによっては審査で不利に働く場合があります。また、複数件の借入をする場合は、多重債務に陥らないように注意しなければなりません。安全に融資を受けるためにも、ぜひ本記事の内容を参考にしてください。

TOPへ戻る