おすすめ本

インベスターZの名言まとめ!投資や経済勉強のおすすめ漫画

インベスターZ

インベスター(investor=投資家。 不動産や証券に投資する人)になるための漫画本。

投資はもちろん、経済や歴史、勝利の哲学などを非常にわかりやすく本質をついたメッセージをしてくれるおすすめ漫画です。

インベスターZの名言一覧

ルールもロクに知らないのに顔をつっこむやつはカモになる

インベスターZの主人公、財前がむりやり麻雀卓に座らされて、カモられたさいに部長である神代から言われた言葉。勝負がついてから「知りませんでした」では通用しない。

自分の中に何の基準もなかったら軸がぶれていつまでも方向が定まらず迷走してしまう。きちんと進むためにはまず先人お知恵を学ぶ 成功の方法を吸収することが大切。

株は法則でやれ

株は企業を応援するためにやるという財前に対して、一切の感情をもたずに利食いと損切のルールを持ち「自分の上に法則を置け。法則こそが神。」と諭す神代。財前はハラオチできなかったが、すぐに自身の株が暴落してルールの重要性を知ることになる。

利食いと損切りのライン。初心者は利食い10%、損切り5%。慣れれば利食い20%、損切10%。

株投資を始めたばかりの財前に、先輩の連(レン)からアドバイス。名言や過剰な漫画演出が目立つ漫画ですが、こういった基本ポイントも要所要所にあり勉強になります。

こだわりを持てば投資家は失敗する

拘りを持たないために、優秀な投資家は議論しない。プロスペクト理論(利益を得る場面ではリスク回避を優先し、損失を被る場面ではリスクを冒してでも損失を回避しようとする人間心理)などに対抗するには、ルールに従うほかない。

投資家になるための資質は損切りできるかどうか

投資家の資質のなかで大事な要素。損切らないと、新しい投資への資金を損している。

結果が欲しいなら入り口ではなく先に出口を考える。これはもはや世の中のルールといっても過言じゃない

投資初心者は、買うまでの努力をする。そして買ったら安心して上がるのを待つ。絶対にこれでは勝ちが続かない。利食いと損切りのポジションをルール化するべき。

投資の勉強とは答えを知ることではない、問題をつくること。そして誰よりも早く問題を解くこと

投資家で大事な資質のひとつ「未来を予測する力」についての金言。投資の世界において、過去問の勉強はいっさいの意味がない。

成功と書いてハードワークと読む

成功するには体力が必要。

株はボロ株を見ろ

成功者になるのであれば良い株を探すな。ボロ株で当てなければ勝者にはなれない。ハイリスクなければハイリターンもない。ゴールドラッシュの際に金をほったやつは馬鹿、スコップをうったやつが勝者。

相談しようと思う時 私は鏡を見る

人と相談して結論を出してはいけない。決めるのは常に自分、自分と相談して答えを出せ。

優秀な人間が相談してだした答えなんてロクなもんじゃない。特に日本人は譲り合いの精神でみんなの意見を取り入れがちであり、中途半端な決定になりがち。

仕方がないから預金しておく。これほど愚かなことはない。金は眠らせておいたらただのゴミ、紙くずだ。

現金のままもっていることに何も感じない無神経さ。投資家として失格の烙印をおされた財前へのメッセージ。

後に8巻でもホリエモンより「カネを貯め込むヤツはみんなバカ!貯金は美徳だと思い込んでいるだけ」という掲示がある。

巨人の肩に乗る

自分の考えなんていらない、1流の型にはまれという意味。インベスターZ中では、ウォーレン・バフェットの肩にのることを指している。

ちなみにアイザック・ニュートンをして、「私がより遠くまで見渡せるとすれば、それは巨人の肩のうえに乗っているからです」と回答している。

投資家ならば善悪ではなく、損得でものを考えろ

資産家は、リーマンショックや戦争などの恐慌時に生まれるもの。恐慌時には価値以上に株価が低迷する。

時には己を正しく否定せよ

投資を行っていると必ず陶酔感や万能感に襲われる。正しい自己否定を行え。

美人の隣に座れるのは… 美人に告白した男だけだ…

8巻で登場したホリエモンのセリフ。考えるだけでは何も生まれない、行動だけに価値があるという比喩。アイデアには価値はなく、けっきょく行動できたものしか成功しない。

リスクを取らないリスクほど… 経営者として恐ろしいものはないんだよね

8巻で登場したDMM会長、亀山さんのセリフ。エロからエコまで節操なくビジネスやるのは、事業投資の大切さとエロの安定収益があってこそではあるが、とらざるリスクへの至言。

5つは片手で済むけど6になるともう片方の手も必要となる。両手に持ったら何もできなくなる。

ピーターリンチの理論を言い換えた財前のセリフ。株を保有するのは最高でも5つ、それ以上は目が届かなくなるし企業研究できなくなる。さらにいえば他銘柄を勉強する間接コストや精神苦痛も発生し続ける。6銘柄以上は分散投資であり、富を守るために行う。分散投資は富を守り、集中投資は富を築く。

調子がいい時こそ足元を見つめなおす

機関投資家は一時も休まず売買をしなくてはいけない。個人投資家の最大のメリットは、自由に休むことが出来る事。休むのも相場。売るべし買うべし休むべし。

相場が上がるときには恐怖を感じないが、下がるときには極端に多くの恐怖を感じる

相場には重力がある。相場が降下をはじめるとみんなが恐怖に駆られて売り、超急降下になる。相場で大成功するにはブルではなく、ベアもできる人でなければならない。相場が下がることへの恐怖を克服できるベアになれたら一流。

失敗を自分の中に溜め込むとどんどんマイナス思考になっていく すると臆病で消極的にな負のオーラを発するようになる… そんな人には絶対に運はむいてこない

運の向く人と向かないひとついての示唆。成功する人間は、成功することしか考えていない。

-おすすめ本

Copyright© 魔法剣乱れ打ち , 2022 All Rights Reserved.