営業

営業と香りの関係性

香りかぐわしい漢

私たちは、生理的に好ましい状態にあるときに、説得されやすくなります。

例えば、

  • ●心地よい音楽を聴いたとき(聴覚)⇒ネットワークビジネスをされる方は、適切なBGMが流れるカフェで説得を試みます
  • ●おいしい食べ物をご馳走になったとき(味覚)⇒会食や飲みの席で大きな話がまとまったり、『飲みニケーション』が効力を発揮するのもこのためです。
  • ●美しい女性に出会ったとき(視覚)⇒...

人間は、五感が刺激されている際に他の影響も受けやすくなります。

営業にもたらす香りの作用

アメリカのレンスラー・ポリテクニック研究所に努めるロバート・バロン博士の実験データをご存じでしょうか。

コーヒーの香しい匂いのする喫茶店前と、何の香りもしない事務所前で、道行く人にアンケートを頼む実験を行いました。

実験はとてもシンプルで、「いいですよー」と承諾してくれるか否か。

検証結果

100人の検証の結果、無臭の場合は20人しか承諾してもらえなかったのに対して、良い香りのする場所では56人に承諾してもらえ、実に2倍以上もの承諾率の差が現れることになったそうです。

また、別の実験でも、女性が香水をつけた場合とそうでない場合も、同様の検証結果になったそうです。

-営業
-,

Copyright© 魔法剣乱れ打ち , 2021 All Rights Reserved.