営業

強みの5つの見つけ方

005

会社には様々な人がいて、それぞれに強みと弱みがあります。

自分の弱点ばかりにとらわれて克服に必死になったり、部下の弱みを改善しようとしていませんか。

成長を考えたとき、「弱点を克服する」のではなく、「強みを伸ばす」方が圧倒的に効率的です。

強みの5つの発見方法

1.過去褒められたことや驚かれたことを思い出す

強みは弱みと違い、主観よりも客観の方が見つけやすいものです。

過去の経験で、他人から受けた自分の行動に対するフィードバックを辿ると、具体的な強みや長所を見つけやすくなります。

2.短所を箇条書きする

短所を書き出してみましょう。

短所と長所は表裏一体であることが多く、少し視点を変えるだけで長所が浮彫になってきます。

例えば、切羽詰まらないと本気が出せないという人は、プレッシャーに異常に強く、短期集中力にも強みをもっている可能性が高いです。

長所さえ把握できれば、あとは長所を生かせる環境構築を行うだけです。

3.周りに聞く

自分の頭で考えるだけ時間の無駄です。第三者の観点から自分の強みは何なのか聞いてみてください。

自分が認識している強みと、周囲が期待してる強みが違っていたりする場合もあるので、周りに聞いてしまった方が手っ取り早いケースが多いです。

4.興味は強みの大ヒント

何に対して強い動機が形成されるのか、どんな分野に興味をもっているのかは、強みに直結しやすい考察分野です。

興味をもっていることや、興味をもてることを一覧にすることで、強みの発見につながります。

5.ツールを使う


大ベストセラーになっている『さあ、才能に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす 』という書籍はホントにおすすめです。

自分の強みを見つけるためのウェブテストのコードが内封されていて、結果として提供されるレポート群に自分の強み5つが記載されています。

膨大なデータベースと比較して、「何があなたをアナタたらしめているか」を明らかにしていて、さらに「強みをどう活かすか」まで膨大なアドバイスがかかれフィードバックされます。

書籍1700円と一見高く感じますが、2000円弱でここまで自分の強みを客観的におしえてくれるツールはないと思いますし、何より書籍販売数という実績が、書籍クオリティを裏付けています。

自分の価値を提供するのがビジネス

ビジネスは、自らの価値を会社や顧客に提供することが前提です。

自らの強みを活かして価値を提供するのが当たり前。何を提供できるかを無視して、弱点の克服に努めようとするなど、ビジネスマン失格です。

弱点の克服を優先するのは非効率的

苦手なものを克服しようとしたら、時間と労力が莫大にかかります。更に、期待していた効果が得られないことも往々にしてあります。

組織にはいろんな強みを持った人がいるので、自分の弱点を強みとしている人に頼る方が効率的です。大概のことはまわりがフォローしてくれるはず。

弱みの克服自体が悪いわけではありません。しかし、圧倒的強みを持つまでは、弱みには目をつむって自分の強みを伸ばした方が生産的です。

「あなたの弱みは誰かの強み」!!

-営業

Copyright© 魔法剣乱れ打ちという名のブログ , 2020 All Rights Reserved.