ライフハック

目の疲れをバツグンに取る3つの方法【スグ効く】

目疲れ

目の疲れを取る3つの方法

(1)目の疲れをとるエクササイズ

目をギュッパ

目をギューッと閉じて、次にパッと大きく見開きます。目の周りの血流が活性化されて、疲れがとれる気がします。

目をグルングルン

目の周囲の筋肉が硬直してしまって、疲れを感じているかもしれません。そんなときは、目を上・下・左・右の順番に動かします。ぐるぐる回すのもOK。眼球を動かすことで筋肉をほぐします。

(2)つぼ押しマッサージ

目のつぼ

目が疲れるのは、酸素不足が大きな原因って知ってましたか?

マッサージや目を温めて血行を良くする行為は、酸素不足を解決する理にかなった行為です。

目の周辺には多くのつぼがありますが、基本的にはこの3つを抑えておけば問題ありません。

ツボの周囲を軽くマッサージし、それを4~5回繰り返します。眼球を強く押したり、目を擦ったりするのはNGです。

瞳子りょう=目じりの横。肉が薄い部

頭痛や目の充血に効くツボがあります。3~5秒圧迫し、離す。これを繰り返すべし。

晴明(セイメイ)=目の内側、鼻の付け根

疲れると無意識に押す目頭には、目の疲れに効くツボがあります。2~3秒圧迫し、離す。これを繰り返す。

承泣(ショウキュウ)=目の真ん中下

まっすぐ前を見て瞳孔のすぐ下あたりには、目の充血やめまいに効くツボがあります。やさしく押すことを心がけてください。

(3)眼ではないところを刺激

頭のコリをほぐす

頭をこぶしで軽くぽんぽんたたきましょう。目の疲れは頭のコリから来てる可能性も大ですので、頭のコリをほぐすと目の疲れもとれます

咀嚼する

咀嚼することで、目の血流を上げ疲れ目改善に効果が期待できます。ガムがオススメです。

その他の処方箋

温タオル・パックでじんわり温める

ショボショボ目に効く療法。目がショボショボするのは、目の血管が血行不良になってしまった合図です。

熱めのお湯でしぼったタオルで目を覆うようにパックしましょう。目の周りの血管が広がり、血行が良くなります。

タオルで冷やす

充血した疲れ目に効く療法。充血は、眼が炎症を起こしている状態なので、冷やすのが効果的です。

氷水で絞ったタオルで目を覆うようにパックすると良いです。会社などで氷が無い時は、絞ったタオルを冷蔵庫で冷やしておくと良いと思います。

ピントを合わせてリフレッシュ

遠くを見ることでも疲れ目を解消できます。

  1. 近くのものを10秒~20秒見つめる
  2. 次に、なるべく遠くの物に目を移し5分くらい眺める
  3. 繰り返す

パソコン操作やスマホゲームなどのプレイ時間が長い方などは、近い位置に常にピントを合わせている状態ですので、一日数回ピント合わせ体操をすることで気分もリフレッシュできます。

身体を動かす

結局、これが一番大切です。

疲れ目に効く食べ物一覧

ブルーベリー

ブルーベリー独特の青紫色の部分に含まれる色素を「アントシアニン」といい、これが目に効くといわれています。

人間の網膜にある「ロドブシン」は光(映像)を脳に伝える為のフィルムにあたる部分に存在する為、毎日消費されてだんだんと減少してしまいます。

「アントシアニン」は「ロドブシン」の再合成を活性化する働きがあります。

黒酢

医大の研究でも「血管のつまりを防ぐ血液浄化食」の中で、トップ1に輝いたのは黒酢でした。眼精疲労・疲労回復・肩こり・神経痛にとても効果があります。

-ライフハック

Copyright© 魔法剣乱れ打ちという名のブログ , 2020 All Rights Reserved.