ライフハック

プレゼンで相手をひきつける3つのテクニック

プレゼンマル秘

プレゼンを聴いている時間が退屈だ...そんな風に感じたことはないでしょうか。

逆に、印象に残りやすいプレゼンをする人は、どのような共通点があるでしょうか。

どんな人でもあるポイントに気をつけるだけで、印象に残りやすいプレゼンが可能になる方法をご紹介します。

オーバージェスチャーを身につけろ

プレゼンが上手な人は、共通して「動作」と「口調」が洗練されています。

なかでも、「動作」はいますぐにでも真似ることができる上達への近道です。

印象づける

相手に印象を残りやすくするためには、ちょっとオーバーなくらいの身振り手振りをすると効果的です。タイミングは様々ですが、2つのタイミングでオーバージェスチャーをすると効果的です。

  • 相手に熱意を伝えたいとき
  • 伝えたい内容を強くアピールしたいとき

オーバージェスチャーは、「頼もしい」「力強い」という印象をもってもらいやすくなります。

リラックス効果

大きな身振り手振りは、自分自身をリラックスさせる心理効果があります。棒立ちでボソボソと話しているだけでは、いつまでたっても緊張はほぐれませんし、小さな声では聴きとりづらく場の雰囲気が悪くなるだけです。

逆に、身振り手振りを大きくすることで、次第に緊張がほぐれていき、相手も聴きとりやすいので、時間が経つにつれ良い雰囲気になります。

プレゼンの名手になるのであれば、最初は形からでも良いので、声を大きく張って、パフォーマンスのつもりでやってみましょう。回数を重ねることで、おのずと自分の型が見つかってくるでしょう。騙されたと思って実践してみてはいかがでしょうか。

威厳を示す

一つ一つの動作に区切りがあり、メリハリのある行動をすれば、トークに威厳が備わります。

たとえば、スピーチをする際に、まず名前を言ってから頭を下げる。資料を開いてから会話を始める。スピーチを終えた後は、感謝の言葉を述べきってから、頭を下げ、停止する。

流れの中での区切りがはっきりしている行動は、プレゼンをより一層魅力的にしてくれます。

プレゼンテーションに関する参考記事

-ライフハック

Copyright© 魔法剣乱れ打ちという名のブログ , 2020 All Rights Reserved.