ライフハック

仕事を早く終わらせる5つのコツ

走るサラリーマン

仕事が終わらないと、「なんでこんなに仕事量が多いんだ・・・」と嘆きがちです。

しかしながら、そこで仕事量のせいにしていたら、いつまでたっても成長出来ないし、それ以上のキャパシティは生まれません。仕事に追われているのであれば、まずはどのように仕事を片付けるかを考えてみましょう。

仕事の生産性を高める5つのコツ

1.すぐに手をつける

最優先するものが無ければ、言われたタスクはすぐに手をつけましょう。特に5分以内に終わるものは、その場で片付けてしまう方が懸命です。

仕事が多いと思うのは、基本的に「タスク量」に圧倒されるからです。量を増やさないことにフォーカスすることが大切です。

2.終わりの時間を明確にする

終わりの時間を定めないと、効率的に仕事を進めようという意欲が動きません。

仕事に取り掛かる前に、いつまでにその仕事を終わらせるかをイメージしましょう。タスク毎に時間を決めれば、「初頭効果」という心理学も働き、作業がはかどります。

3.二度手間を全力で阻止する

仕事をする上で、一番無駄なのが二度手間です。

次回似た系統のタスクが舞い込んできた際に、効率的に仕事がこなせるように心がけましょう。それを積み重ねると、周囲のメンバーより格段に仕事が早くなります。

4.すぐ聴く

わからないことがあれば、すぐに優秀な先輩を訪ねましょう。

自分で調べる事はたしかに大切ですが、それよりも重要なのは生産性です。生産性にコミットしていれば、叱られる覚悟でも人に聞きまわる覚悟ができるはずです。

5.人の手を借りる

最も生産性を高めるのは、自分より優秀な人材の手を借りることです。

自分より優秀な人物にタスクに対応してもらうことを覚えましょう。

「すぐに手をつける」ことや「終わりを明確にする」ことは、誰かに協力を願い出るためと言っても過言ではありません。

常にスピードを意識しろ

仕事の質は、量からしか生まれません。そして、量を圧倒的にやっつけていくのがスピードです。

常に仕事のスピードを意識し、量をこなすように心がけると、成長なんて簡単に出来るものです。

-ライフハック

Copyright© 魔法剣乱れ打ち , 2021 All Rights Reserved.